【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

大学生が4年間で掲げた具体的な目標8選!やりたいことを見つける簡単な方法

目標がない...

なんか、毎日をただ過ごしている気がする。

目標がないからやる気も出ないし、メリハリもない。

 

大学生はどんなことを目標にしたらいいんだろう?

やる気がみなぎるような目標が欲しい!

この記事は、「これだ!」ってなる”本当の目標”を決めるのに役立ちます。

 

どうも、リキヤです。→プロフィールはこちら

僕は今大学4年なんですが、同じように悩んだ時期がありました。

 

しかし、今はっきりした目標があります。

それは「25歳までにゲレンデという車を買うこと」です。

 

実際、目標を立てるのってめちゃくちゃ簡単です。

なぜなら、目標はなんでもいいからです。

もちろん中期、短期、長期と期間によって目標は変わってきますが、自分が決めたらそれが目標です。

 

とりあえず、あまり難しく考えないほうがいいです。自分の欲求をそのまま出す感じ!

この記事の内容
  1. 僕が大学時代で目標にしたこと
  2. 目標の作り方
  3. 目標があるメリットなど

目標がないと悩んでいる大学生はぜひ見ていってください。

大学生の僕がこれまで目標にしたこと8つ

とりあえず、はじめに僕が大学時代に目標としたことを8つ紹介します。

大学時代といっても、今も一応現役なんですが←

英語を話せるようになる

友人

これは大学1年の時掲げた目標ですね。

ほんとに英語ができなくて、500人とかいる学部の英語のクラス分けで下から2番目だったんです。

英語ができないことがコンプレックスでしたね。

でも、どうにかしたいと思って英語を話せるようになろうと決意しました。

コンプレックス克服系目標です。

TOEICで600点数を取る

英語ができない僕は始めて受けたTOEICの点数が確か300点台でした。笑

なので、目に見える結果としてTOEIC600点を目標に掲げました。

幸いその目標は達成され、今では800点台まで到達できました。

成長系目標です。

合わせて読みたい>>僕が1カ月でTOEICを200点上げるためにとった重要な4つの方法

留学する

インターン

これも英語関連なんですけど、「英語が話せるようになるためには留学だろ!」って思って留学自体を目標にしました。

留学するにもお金が必要なので、留学費用をためるためにバイトをがんばりました。

ちなみに僕が留学先に選んだのはフィリピンです。

費用も欧米の半分以下だし、マンツーマンレッスンなので、短期間で英語力を伸ばしたい人におすすめです!

合わせて読みたい>>大学2年【フィリピン留学体験談】あの2カ月が人生のターニングポイントだった話

彼女を作る

学生なら誰しも彼氏・彼女を欲しいと思っているはず。

大学1年の時にはいたんですけど、途中で別れちゃったので大学2年くらいに決めた目標です。

結果としては、留学つながりで彼女ができました!

もし今付き合っている人がいないなら1つの目標として考えてみるのもありです。

彼女をつくるためにおしゃれとかにも気を使うし、面白く話せるようになろうとするのでメリット多いです。

合わせて読みたい>>【即効性有り】彼女できない大学生が簡単にリア充になるための方法

海外に住む

オペラハウス

一度は海外に住みたいと思っていたので、とりあえず目標にしました。

結構アバウトな感じで、大学在学中にできたらいいな~みたいなテンションでした。

実際には、休学してオーストラリアに半年間住むことができたので達成です。

オーストラリアに行った目的は別にあったんですけど、結果的には海外に住むという目標も達成できたのでよかったです。

金銭的に自立する

一人暮らしをして仕送りをもらってたので、これ以上負担をかけないように金銭的に自立したいと思って立てた目標です。

大学4年になり、今は何とか自分のお金だけで生活できるようになりました。

今一人暮らしをして仕送りをしてもらってたり、毎月親からおこずかいをもらっている人は、この目標がおすすめです。

本を読みまくる

読書

僕が大学入って一番最初に掲げた目標です。別に付き何冊とかはなく。

大学に入学するまで全く本を読んでこなかったし、勉強もしてませんでした。

でも、そんな自分が不安になってまず本を読むことから始めようと思ったんです。

結果的に今までに300冊くらいは読んできました。

本読みたいけど、どんな本を読めばいいかわからない人はこちらの

「大学生が「今」読むべき本28選!【300冊以上読書した僕が厳選】」参考にしてみてください。

中退する

目標が中退って意味わかんないですよね。笑

要は、「自分のやりたいことを見つける」ということです。

本当に熱中できる事が見つかれば大学に通っている暇もなくなると思います。

それに、大学に通う必要もないです。

個人的に、大学は「自分が熱中できるものを探す場」だと思ってます。

僕は4年になってやりたいことが見つかったんですが、もう単位もとり終わって大学に通う必要もないので中退はしませんが、もっと早く熱中できることが見つかれば中退してたと思います。

とりあえず大学に入ってしまったと言う人は、下の記事を読んでみてください。

合わせて読みたい>>とりあえず大学に行ってなにが悪い?やっと気づいた大学の価値

大学生におすすめしたい目標のつくり方

起業

ここまで参考になればと思い僕の目標を紹介してきましたが、環境が違えばまったく参考にならない可能性もあります。

なので、今の自分にあった目標を立てるためにはどうしたらいいのか?

目標の立て方の部分も参考にしてもらえればと思います!

とにかく、大学生っぽい事をやってみる

これすごく重要。

大学生っぽいことをすべてやってみるんです。

たとえば、

  • サークル
  • 飲み会
  • カラオケオール
  • バックパッカー
  • バイト10連謹
  • 一人旅
  • ヒッチハイク
  • 一人暮らし
  • 合コン
  • 留学
  • インターン
  • ボランティア

など。

大学生と言ったらこれ!みたいな事です。

で、それの何が良いのかって

その過程で、めちゃくちゃいろんなことに影響を受けることです。

いろんな影響を受けると、価値観が広がるし、考えの軸ができてきます。

 

考えがまとまってくると「自分はどうしたいのか」「なにがしたいのか」が定まってきます。

そうすると結果的に「じゃ自分のやりたいことにために今目標にすべきことは何だ」ってなるんですね。

 

僕も大学生っぽいことはほとんどやりつくしたので、これはまじで言えます。

まずは、食わず嫌いをしないで、とりあえずやってみたほうがいいです!

自分のなりたい姿をイメージする

あとは、なりたい姿をイメージする方法も効果的です。

目標の人がいるともっとイメージしやすいですが、目標の人がいない人も多いかと思うので。

理想の自分をイメージするといいかと。

例えば

  • 1年後は英語がぺらぺらで外国人の彼女がいたらいいなぁ
  • 3年後はIT分野に詳しくなってたいなぁ

とかです。

もうほんとに漠然としててOK。

僕の場合は「金持ちになりたいなぁ」だったので笑

でもそこから逆算してけば、おのずと目標がきまります。

逆に、なりたくない姿をイメージする

とは言っても、なりたい理想の自分をイメージすることが難しい人もいるかと思います。

そんなときは逆に、なりたくない自分をイメージしましょう。

例えば

  • 将来、満員電車にのる生活はいやだなぁ
  • 自分の熱中できることが見つかってないのは嫌だなぁ

とかです。

それが決まれば、「嫌なことを避けるためになにをしたらいいのか」が見えてきます。

目標ができたら翌日には周りに話す!

ぐー

おそらく、なりたい自分の姿をイメージすれば大半の人が目標は決まります。

そしたら次にやったほうが良いのが、その目標を友人、家族にどんどん話すことです。

 

目標を人に話すと、「本気でやらないとっ!」ってなるので行動するしかなくなるんですね。

もし、その後目標が変わっても訂正して言いなおせばいいだけです。

 

これは、目標を達成するためのかなり効果的な方法で、多くの本でも紹介されています。

目標についての本ならこれが最高です。

 

そもそも大学生に目標は必要なのか?

話は大きく戻るんですけど、そもそも目標って必要ですかね?

目標があるメリット・デメリットを考えてみましょう。

目標があるメリット

  • モチベーションが保てる
  • 生活にメリハリがつく
  • 自分がやりたいことの達成に近づく

目標があるデメリット

  • 目標に関連することしか考えなくなる
  • 達成できるかどうか焦りがでる

あと、目標がないデメリット

  • モチベーションが保てない
  • なにを頑張ればいいかわかならい
  • なんとなく毎日が過ぎ去っていく

目標は小さくていいし、いくつあってもいい

多くの人がそうだと思いますが、目標があるときついこともある程度乗り越えられます。

やる気もでるし、目標に近づいていると実感できれば嬉しいでしょう。

なので目標は、小さくてもいいし、1つに絞る必要もないので、とりあえず持っていたほうが良いです。

もし、この記事を読んでも目標が思い浮かばないのであれば、

「まず大学生っぽいことをしてみる」を目標にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です