【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

一人暮らしでwifiなしだとこんなデメリットがあったとは。。

おすすめのWi-Fiランキング!

高額キャッシュバックでポケットWi-Fi人気NO.1

【1位】GMOとくとくBB WiMAX2+

データ容量なし工事不要の自宅用Wi-Fi

【2位】SoftBank Air

持ち運び可能ポケットWi-Fi

【3位】BIGLOBE WiMAX 2+ 

今回は一人暮らしで、もしWi-Fiがなかったらどんな生活になるのか「想像」していきます。

僕自身は、GMOとくとくBB WiMAXを契約しているので、毎日快適なWi-Fi生活を送っています。

しかし、以前はWi-Fiなしで生活をしていたので、その時の経験を元にWi-Fiがなかった時のことを書いていきます。

1GBでできること

まずは1GBでどこまで、そして何ができるのか見ていきます。

コンピューターの世界で1GBは1,024MBと言われています。

一般的には、1,000MBということで知られている場合が多いと思います。

1GBは、どのくらいで消費されてしまうのかを見ていきましょう。

ここでは、消費容量の多い「youtube視聴」「音楽ダウンロード」「ゲームアプリ」「Instagram閲覧」に絞って見ていきます。

調べた情報を平均した結果を表示します。

youtubeの視聴(高画質720Pの場合)  約85分
ゲームアプリ(パズル&ドラゴン)  約830時間
音楽ダウンロード  250曲
Instagram閲覧  約100分

やはりyoutubeを高画質で見ると、1時間半もしない内に1GBを消費していまします。

この他にもwebサイトを見たり、ニュースサイトも閲覧するはずです。

意外と1GBはすぐに消費してしまいそうですね。

もし一人暮らしでwifiなしの生活をしたら

実家暮らしの時は、Wi-Fiを持っていなかったんですが、

自宅では光回線のWi-Fiに接続していたので、通信制限にかかることはほぼありませんでした。

というか、通信制限が来ないように、LTE回線の時はwebサイトの閲覧くらいしかしていませんでした。

パソコンで作業したい時は、いつもWi-Fiのあるカフェをひたすら探しました。

これがかなりストレスでした。

日本てWi-Fiが使えるカフェが他の国に比べて異常に少ないんですよね。

なので、決まってドトールかスタバになります。

 

もし、自宅に光回線のWi-Fiもなければ、スマホを持っているメリットが半減していたと思います。

便利なアプリも、動画サービスなども通信容量を気にしていたら思いっきり楽しむことができません。

この時代のメリットを放棄しているようなものです。

Wi-Fiがない生活だと

 

・毎月、通信制限を気にしての生活になる

・現代のメリットを放棄することになる

wifiがあれば

Wi-Fiにも通信量の制限があると思っている人もいるようですが、UQWiMAXは無制限のプランを提供しています。

もし、自宅のみでWi-Fiが使えればいいと思っている人はまず一人暮らしでインターネットを使うならこの3択に目を通して見てください。

僕は今モバイルWi-Fiを持ち運び、常にWi-Fiと接続させています。

もちろん通信制限が来ることもありませんし、制限を気にして、スマホの使用を控えることもしていません。

移動中はニュースアプリやyutubeで動画を見たりしています。

以前は、Wi-Fiがあるカフェを探し回っていましたが、手元にあればどこにいてもパソコンを使うこともできます。

「テザリングすれば、どこでもパソコン使えるじゃん」

と思うかもしれませんが、テザリングはかなり通信容量を使います。

その上、スマホ自体のバッテリーも消耗します。

一人暮らしではWi-Fiは、エアコンの次に必要なアイテムです。

契約するなら、僕も実際に使っているGMOとくとくBB WiMAXがオススメです。

有名どころのWi-Fi会社の月額料金を計算したところ、このGMOが一番安かったです。

Wi-Fiの速度とかはどこも全く一緒なので、比べるのは月額料金のみで大丈夫です

ただ、通信エリアに関しては、もう少し広がってくれたらありがたいなと思っています。

山の中とかでも繋がるようになって欲しいです。



*キャッシュバックを適用させるためには、こちらのリンクから飛んでください。

もっと詳しくWi-Fiについて知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です