【就活生必見】最短1週間で内定を獲得する方法

就活【10月なのに内定なし】今からの就活戦略を19卒の僕が解説。

10月なのに内定なし...

もう10月なのに、内定が1つもない。

持ち駒も少なくなってきて、行きたい企業も見つからない。

10月1日には内定式があるし、まだ内定をもらってないのは自分くらいかも…

この先の就活どうしよう。

まだ、追加で募集をする企業はあるのかな…?

就活浪人は避けたいし、この先どうやって就活を進めて行こう…

このページは、10月でまだ内定なしの就活生に向けて書いてあります。

 

どーも、19卒のkakiです。

僕は今まで、

など多くの就活に関する記事を書いてきました。

 

そんな僕が今回は、10月に内定がない就活生に向けて、10月以降の就活戦略について書いていきます。

10月には内定式を行う企業もあり、就活が一区切りする雰囲気です。

そんな中、内定が1つもないのは焦りますし、「人生終わりだ…」なんて思ってしまう人もいるでしょう。

 

しかし、大丈夫です。

10月の秋採用に力を入れている企業も多く存在します。

なので、今から自分の行きたい企業を見つけて、その企業から内定をもらうことも十分可能です。

ただ、10月まで内定が1つもないということは、改善するべきところもあります。

 

その改善点も含め、10月以降の就活戦略を見ていきましょう。

このページを読んでもらえれば、「これからどうやって就活を進めて行くべきか」がはっきりわかります。

10月の内定式までに内定がないのはやばいのか?

syousyuuha

結論を言うと、やばくはないです。

ただ、10月に内定が1つもないのは圧倒的に少数派。

普通に就活を進めている就活生であれば最低1つは内定をもらえます。

 

なので、もし10月の段階で内定がないと言うのであれば、決定的な原因があるはず。

その原因を突き止めて、改善しなければこれからも内定が出ることはありません。

その部分を認識して、このページを読み進めてください。

10月時点での内定率は92%超えだけど、10月からも内定率が増加しているのでまだ大丈夫!

こちらの図は、2018年度の就活生の内定率の推移を表したものです。

この図を見ると10月には92.1%の就活生が内定を持っていることがわかります。

92.1%と言うと10人中9人以上。

つまり、10月で内定がゼロの就活生は10人中1人未満。

 

ただ、もう1つわかることがあります。

それは、11月12月と内定率は増加しています。

10月には92.1%だった内定率も、11月には94.8%、12月には96.7%です。

10月と12月を比べると、4.6%も増えています。

 

と言うことは、10月の時点で内定をもらってないとしても、これから内定をもらう望みはあると言うことです。

もし、このグラフが10月から一切増加してなければ絶望的ですが、増加しているので、まだ十分チャンスはあります。

9月〜11月の秋採用で内定を獲得するのは厳しい?

saiyowaku

採用には、1月〜5月までの春採用、6月〜8月までの夏採用、9月から11月までの秋採用があります。

なので、10月以降の採用は「秋採用」と言うことになります。

 

つまり、10月以降の就活にもしっかり採用枠が設けられていると言うことです。

なので、引き続き新卒学生を求めている企業はあります。

約半数以上の中小企業は満足に正社員を採用できていない

経済産業省が2017年に実施した「平成29年中小企業の雇用状況に関する調査集計結果」では、中小企業の66.4%は人材確保、人材不足に苦しんでいると言う結果があります。

半数以上の企業が満足に正社員を採用できていません。

つまり、需要はある。

そして、その需要に対して供給が足りてない。

 

就活では、企業と就活生の関係をこのような需要と供給として表せます。

需要があるとことに、供給が行われれば、それは確実に受け入れられるわけです。

なので、内定がまだないと言うことは、その需要をうまく汲み取れていないと言う証。

 

おそらく、10月の時点で内定がない就活生は今まで、供給が溢れている企業に応募していた可能性が高いです。

これからの就活では、しっかり企業の需要を見極める必要があります。

人材不足に悩んでいる業種・業界

では、実際にどんな業種や業界で人が足りていないのか。

具体例をあげると

  • 建設
  • サービス
  • インフラ
  • 小売

など。

 

マイナビの調査によって上のような業種では人が足りていないと言うことがわかっています。

つまり、供給が追いついていなくて、需要があると言うことです。

 

希望する企業以外で働くのが嫌な気持ちはわかります。

ただ、実際に経験してみないとわからないことは多いです。

特に、学生はイメージだけで業種や業界を決める傾向にあるので、そのイメージをもう一度考え直すことも大切でしょう。

【改善点】10月に内定なしの就活生に伝えたい3つのこと

kaizen

10月まで内定がない就活生に伝えたいことは3つあります。

  1. 「大手=安定」の時代はもう終わっている
  2. 「知っている会社=いい会社」ではない
  3. 就活生が知っている企業はせいぜい50社程度

この3つに対して全て「いや、そんなことはない」と否定的だとこの先も内定がもらえない確率が高いです。

1:「大手=安定」の時代はもう終わってる

  • みずほフィナンシャルグループは1万9千人
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は9500人
  • 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は4000人

この数字が何を表しているか知っていますか?

これは、大手3行が発表した人員削減の数です。

ニュースで見た人もいるでしょう。

 

昔は、いい大学に入って、いい会社に入れば将来安泰と言われていました。

なので、僕たちの親世代はその考えを僕たち子ども世代に伝えてきたんです。

自分の時代はそれでよかったから。

でも、時代は常に変化しています。

 

特にITが発達してからは、変化スピードが加速しています。

人の仕事はどんどんAIに変わっています。

正直、僕たちの親世代はこのスピードについて来れていません。

なので、時代が変わっている今でも、とにかく大手の企業を勧めてくるんです。

そして、その考えを疑うこともせず、ほとんどの学生が大手企業を目指します。

 

最近では、富士通は45歳以上の社員の5000人規模の早期退職や配置転換を発表しました。

これは間接的にはリストラと同じです。

「大手=安定」の時代は確実に終わりつつあるということを認識しましょう。

2:「知っている会社=いい会社」ではない

自分が知っているから。

よく見かけるから。

そういった理由で企業を選んでしまう就活生は多いです。

「よく聞く、よく見かける」

これはただ単にその会社がお金を払って、広告を出しているからにすぎません。

 

なので知っている会社だからいい会社とは言えないんです。

実際に、企業を相手に取引しているBtoBの会社の中にも多くの優良企業が存在します。

BtoB企業は、広告を打つ必要性が低いので、広告を出しません。なので認知度が低い。

ただそれだけのことです。

知らない企業だからという理由だけで避けるのはやめるべきです。

3:就活生が知っている企業はせいぜい50社程度

日本には約400万社あります。

平成26年経済センサス-基礎調査によると、その中で大企業は0.3%のみ。

後の、99.7%は中小企業です。

 

おそらく、就活生が知っている企業というのはこの0.3%の大企業。

ほとんどの就活生は日本の0.3%の企業の中から自分が働く会社を決めようとします。

もちろんそれがダメという訳ではありません。

 

でも、0.3%の企業の中から選ぶのは選択肢が狭すぎませんか?

残りの99.7%の企業に視野を広げたらどれだけ選択肢が増えるでしょうか。

10月で内定がないのであれば、もう一度企業を見直す必要があるでしょう。

大手にこだわらなければ10月以降も内定はもらえる

握手

先ほどもいった通り、大手は日本企業の0.3%です。

その0.3%ではなく、残りの99.7%に目を向ければ確実に内定はもらえます。

知名度がなく人材を確保できない企業は、秋採用に力を入れてくる

先ほども言った通り、約半数以上の中小企業は採用に苦しんでいます。

そして、採用に苦しんでいる企業は9月〜11月の秋採用に力を入れます。

 

というのも、春・夏採用は大手や人気企業が採用を行っているので、人を集めるのが難しいです。

しかし、秋採用になると大手や人気企業は採用を終了します。

なので、中小企業にとっては秋採用が力の入れどころ。

 

知名度がなく、採用に苦しんでいる優良企業に出会えれば、納得した就活になるはず。

ただ、中小企業の中には労働環境が悪い企業もある

頭抱える

知らない中小企業に就職する心配としては

  • 周りからの視線
  • 労働環境の悪さ
  • 待遇面の悪さ

などが心配ですよね。

 

もちろん、待遇面や労働環境が整った中小企業もあります。

日本企業の99.7%が中小企業なので、その全てで待遇面や労働環境が悪いというのはありません。

 

ですが、中には悪質な労働環境で、社員のサポート体制が整っていない企業もあるのが事実です。

実際、ブラック企業に就職して、自ら命を絶ってしまう人もいます。

なので、全部が全部、優良企業だとは言えません。

 

つまり、一番重要なのは、どれだけ自分にとって本当に良い会社を見つけられるかということろ。

労働環境や待遇面が整っている企業で、なおかつ人手が足りてない優良企業を探せるかが10月以降の就活では一番重要です。

持ちコマを増やし10月以降に狙うべき企業

nerai

では具体的に、10月以降の就活ではどんな企業を狙って行けば良いのか説明します。

3つです。

  • BtoBで知名度が低い企業
  • 成長中のベンチャー企業
  • 大手企業のグループ会社

詳しく説明して行きます。

BtoBで知名度が低い企業

BtoBの企業は認知度も低く、やはり人が集まりません。

なので、人手不足です。

採用も長期で行っている企業が多く、新卒の需要もあります。

 

それに、BtoB企業の中には、業界シェア80%を超える製品を扱っている企業があったり、世界トップクラスの技術を持っている企業もあります。

そのような企業は安定してますし、待遇面にも期待が持てます。

成長中のベンチャー企業

成長中のベンチャー企業も、10月以降の就活では視野に入れて行きましょう。

ベンチャーは就活スケジュールに影響されないので、「良い人が入れば採用する」というスタンスです。

 

それに、大手企業では入ったら任せてもらえないような仕事を任せてもらえることもあります。

なので、成長スピードも早い。

ベンチャーでスキルを身につけて、転職でキャリアアップを狙うという方法もありです。

大手企業のグループ会社

大手のグループ会社も知名度が低いため、採用に苦労します。

なので、10月以降の秋採用に力を入れる企業も多い。

グループ会社まで視野を広げる就活生はなかなかいないので、かなりの穴場です。

秋採用で優良企業から内定を取るならプロに相談!

「待遇面が良い企業からの内定が欲しい」

「労働環境が整った企業からの内定が欲しい」

「ブラック企業には絶対に入りたくない」

 

そんな就活生が使うべきなのが、就活アドバイザーです。

就活生からの認知度が低く、人手が足りてない優良企業の情報を持ってます。

それに、秋採用で重要なポイントもアドバイスを受けられます。

 

内定がもらえない就活生を1人1人マンツーマンでサポートしてくれるので、「卒業まで内定がない」と言った最悪な事態は避けられます。

就活エージェントneoは就活生の3人に1人が使っているほど人気の就活サポートなので、まだ利用したことが人は手遅れになる前に。

 

就活で一番怖いのは、ブラック企業に入ってしまうことです。

10月に内定がない就活生だと焦ってそう言った企業に入ってしまうリスクもあるので、その前にプロの力を借りておきましょう。

\ 全てのサポートが無料 /

就活相談はこちら

就活浪人という選択は避けた方が無難

10月でも内定なしだと、就活浪人を考える人もいるでしょう。

しかし、就活浪人は避けた方が無難です。

なぜなら、就活が長引くとそれだけ精神を消耗します。

 

それに、就活浪人をしたとしても、内定をもらえる確率が上がるわけではありません。

大学受験とかなら学力向上が期待できますが、就活の場合は別です。

1年遅らせたからと言って、何か変化があるわけでもありません。

 

もし、就活浪人中にプログラミングスクールに通ってスキルをつけるとかなら別ですが。

ちなみに、数あるプログラミングスクールの中でも就職までをサポートしてくれる「DMM WEBCAMP」はおすすめです。

それ以外の人は就活浪人は避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です