【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

大学生に出会いがない理系【その状況の打開策】彼女ができる兆しあり!

理系学生...

理系なんだけど、大学に出会いがなさすぎる。

もしかしたらこのままずっと彼女できないかも。

 

学部に女子が全部で5人とかだし、忙しいからバイトとかもできないし。

ファッションとか顔とかコミュ力にも自信ないし。

月に使えるお金も1〜3万とか。

 

こんな僕でも彼女ができるのかな。。。

 

このような悩みを抱えた理系学生って結構多いですよね。

実際、理系の友人もこんな感じのことを言ってました。

 

でも、大丈夫です。

その友人でも彼女ができていましたし、大学に出会いがない理系学生でも彼女を作る方法はあります。

 

この記事では、

「どうすれば理系の学生にも彼女ができるのか」

ということについて書いていきます。

 

大学に出会いがなくて悩んでいる理系学生はぜひ見ていってください。

理系学生には出会いがなさすぎる

頭抱える

そもそも、理系学生に彼女ができないのは出会いが少なすぎるという問題があります。

ひどければ、学部に300人いて女子が5人とかもありえます。

 

出会いがなければ何も始まらないので、理系学生に彼女ができない原因は外部的要素が多いです。

それに、女性との出会いがなければ自分の身なりやにも気を使うことがなくなるので、どんどん悪循環になります。

なので、今の状況を変えたいのであれば、一番初めに出会いを増やす必要があるでしょう。

 

出会いが増えて女性と接する機会が多くなれば、自分の外見にも気を使うようになり、どんな話をしたらいいのかもわかってきます。

 

学生なら、バイト先で彼女を見つけるのが王道と言えますが、

理系学生は学内の研究とかもあり、バイトして出会いを作るといって時間もないでしょう。

なので、出会いを増やすためには他の方法を考える必要があります。

 

今は出会いを増やすための方法は数多く存在するので、まずはその方法を試してみましょう。

詳しくは後述しています。

じっくり見ていってください。

出会いがあっても理系学生に彼女ができない理由

困難

理系学生に出会いがないのは確かですが、もし出会いがあったとしても彼女が作れるかは微妙です。

その理由を簡単に紹介していきます。

理由は大きく分けて3つです。

1:清潔感がない

清潔感がないのは致命的です。

清潔と清潔感は違って、毎日シャンプーをしているからといって清潔感が出るわけではありません。

 

シャンプーしてても、髪がボサボサのままだと清潔感は出ないんです。

毎日顔を洗ってたとしても、それは清潔とは言えるかもしれませんが、清潔感はありません。

清潔感を出すには、ひげをしっかり剃ることが重要です。

 

理系学生の場合は、女性との出会いがないので、そういった清潔感をおろそかにしてしまいます。

なので、第一印象で「あ、ないな」と思われてしまうんです。

2:コミュ力が低い

理系学生の中には、コミュ力に自信がない人が多いかと思います。

普通の人と話すのに専門用語を使ってしまったり、自分から話しかけるのが苦手だったり。

 

でも、彼女を作る上でコミュ力は重要で、極論を言えばコミュ力さえあれば美女を落とせます。

 

そのいい例がお笑い芸人さんです。

売れてなくてお金もないのに美人な女性と結婚までいっている芸人さんは結構多いんです。

彼らは容姿に対してはそこまで自信ないでしょうが、コミュ力は他の人より高いです。

なので、言葉で相手を笑わせることもできるし、喜ばせることもできます。

 

コミュ力が高ければ、お金がなくて容姿に自信がなくても美人な彼女と付き合うことができるんです。

3:ファッションセンスがない

よく理系学生はチェックのシャツばかり着てるみたいなイメージがありますよね。

僕の友人もまじでチェックのシャツばかり着てました。

 

高いファッションセンスは必要ありませんが、彼女を作りたいならある程度気を使うことは必要です。

ファッションに気を使うようになれば、理系学生の中では飛び抜けられるでしょう。

 

それに、同じ系統の服装の男女は価値観とかも似ているので、仲良くなりやすいです。

なので、毎日チェックのシャツばかり着ているような女子と付き合いたければそれを貫けばそれを貫いてください。

でも、そんな女子はまずいません。

 

なので、ある程度大学生っぽい服装に変えた方が無難です。

服装を変えるだけで印象はガラッと変わり、周りに集まる人も変化してくるでしょう。

そうなれば、モテないルートから脱出できるはずです。

理系学生が出会いを掴む方法はただ1つ

女の子

理系学生が出会いを掴んで彼女を作るためにやることはただ1つです。

それは「出会いの数を増やす」こと。

 

先ほど挙げた「理系学生に彼女ができない理由」の3つ(清潔感がない、コミュ力が低い、ファッションセンスがない)は出会いを増やすだけで自然に改善されます。

なぜなら、人は目的のために適応しようとするからです。

 

女性と会う機会が増えれば自然によく見られようとします。(もちろん彼女が欲しいということが前提です)

ひげを剃ったり、髪がたを整えたり、おしゃれに気を使ってみたり。

できる限りのことはやるようになるんです。

 

冒頭でも言いましたが、理系学生に彼女ができないのは外部要素が強いというのはこのことです。

出会いがないから、おしゃれにも気を使わないし、清潔感も保とうともしない。

でも、いざ女性に会うとなればほとんどの人がよく見られようと気を使うようになるんです。

最初は適応できなくても徐々に。

 

なので、

「彼女を作りたい」

「自分を変えて付き合えるようになりたい」

と思っているなら、単純に出会いを増やすだけで良いんです。

でも、出会いを増やすのが大変。

そうなんですよね。

出会いがなくて困っているわけなので、その方法がわからなければ一生そのままです。

 

理系学生の場合は研究が忙しくて、バイトをしている暇もないと思いますし。

僕の大学の友人は5人中3人がバイト先で彼女と出会っていましたし、バイトの選択肢がない理系学生にとってはかなり不利です。

 

なので他の方法考える方法があります。

出会いが今より圧倒的に増えて、自分のことをいいと思ってくれる人出会える場所。

 

もうすでに想像ができている人もいるかもしれませんが、それはネットを活用する方法です。

ネットでの出会いというと、

「自分が求めている出会いとはなんか違う」

という人もいるかもしれませんが、今のネットでの出会いは昔とは全く違います。

 

昔の出会い系のイメージとは大きく違うので、まずはその辺りを知っておきましょう。

出会いの数を増やして自分に合う人を見つける

自分に合う人が簡単にそして、確実に見つかるのが「マッチングアプリ」です。

大学生から30代の社会人まで、多くの人がマッチングアプリを利用して、今この瞬間も出会いっています。

 

マッチングアプリの利用者数も増加してますし、マッチングアプリの出会いから結婚までいくカップルもいるほど。

若者の出会いとしては定番のツールになりつつあります。

 

出会いの形とか言っていてもいつまでも出会いは増えないので、使えるものは使いましょう。

みんな隠れて使って、彼女を作っています。

 

ただ、マッチングアプリを使って出会うには、アプリ選びがかなり重要です。

アプリによって出会いの目的は異なりますし、中には昔の出会い系そのままのようなアプリもあります。

 

なので、ここでは僕が実際に使ってみて安心しておすすめできるマッチングアプリを1つ紹介します。

理系学生が真面目な彼女を作るなら「ハッピーメール 」がおすすめ!

ハッピーメール

マッチングアプリの中でもおすすめなのが「ハッピーメール 」(18R)です。

ユーザー層は20代〜30代がメインで、真面目な出会いを求める人が多く登録しています。

 

ハッピーメールの流れはシンプルで、

プロフィールや顔写真を見て、自分に合うなと思った人に「いいね」を送ってマッチングしたらメッセージ開始、という感じ。

 

ハッピーメール には累計登録者数が1,700万人以上いるので、あなたに興味を持ってくれる人がいる確率が非常に高いです。

 

アプリなのでスマホで完結で、時間がなくても簡単に始められます。

このままずっと彼女ができないという状況を抜け出すには、今行動するしかありません。

 

逆に行動すれば多くの出会いが手に入ります。

 

2分くらいの簡単無料登録で始められるので、ぜひ試して見てください。

顔写真、プロフィールは無料でみれます。

>>ハッピーメール無料登録はこちら
18歳未満は使えません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です