女医の彼女と付き合っていた男性に聞いた【出会う方法、苦労すること】

・女医の彼女が欲しい!!

・女医と付き合うにはどうしたらいいの?

・プライド高そうだし、付き合ったらやっぱり大変かな。

 

知的で、クールなイメージの女医に魅力を感じる男性は多いかと思います。

 

ただ、普通に過ごしていれば、女医は遠い存在ですし、付き合えるイメージも湧かないかもしれません。

しかし、女医さんの中には男性との出会いがなくて悩んでいる人も多いのが事実です。

 

今回は、女医の彼女がいた男性に「女医さんと付き合うために大切なこと」「付き合って苦労したこと」などについてアンケートをとりました。

きっとリアルな意見が聞けるはずです。

 

女医の彼女が欲しい!!

そのような男性はぜひ見ていってください。

 

最後まで読んでいただければ、女医さんと出会うキッカケが作れるはずです。

男性たちに聞いた!女医の彼女と付き合うことになったキッカケ

女医

女医の彼女と付き合うといっても、出会うキッカケや付き合うまでに至るキッカケがないと無理ですよね。

でも、どんなキッカケを作ればいいのかもわからないはず。

なので、まずは女医の彼女がいた男性たちがどんなキッカケで知り合い、付き合うまで至ったのか見ていきましょう。

彼女が研修医として病院にくるようになった

病院で働いていると、研修医として女性医師がくることが頻繁にあるそう。

一人の男性は、勤務していた病院に研修医としてきた女性と、付き合うことになったと言います。

 

研修医は、給料も安く、かなり過酷らしいのでその相談に乗ることがキッカケだったらしいです。

そして、もう一人の男性も、研修医としてきた女医さんと年齢が近いということもあり仲良くなっていったそう。

やはり、同じ職場で出会うというのが王道パターンなのかもしれません。

同じ医学部で出会う

医者になるということは、必ず医学部を出ています。

なので大学の時に医学部で出会い、付き合うことになったという男性もいました。

やはり共通の目標を目指しているので、わかり合えることも多かったらしく、一緒に勉強していくうちにお互いを意識し始めたと言います。

実際に医者として働き始めれば忙しく時間もないですが、学生の内はまだ時間があるはずなので、そこで意気投合するケースも多いようです。

大学の部活動がキッカケで

同じ医学部じゃなくても大学の部活動で出会うパターンもあるそう。

部活動に入っていれば合宿などもあり、コミュニケーションをとる機会も多いですよね。

同じ活動をすると、仲良くなりやすいですし、話かけるキッカケにもなります。

部活動で出会った時は、まだ女医ではなく、学生なのでこのケースはまた別かもしれません。

入院した時に知り合う

女医さんと出会うキッカケとして思いつくのは、やはり入院した時ではないでしょうか。

実際に、入院した時に彼女となる女医さんと出会った男性もいます。

その男性は、外科手術のため長期入院し、その病院の麻酔科医とし働いていた女性に出会ったそうです。

長期の入院中は、顔を合わせることも多く、それがキッカケで付き合うようになったと言います。

合コンに行った時

中には合コンで女医に出会った男性もいます。

友人に誘われていった合コンにたまたま来ていた女医さんと、サイクリングという共通の趣味をキッカケに仲良くなっていったそうです。

女医さんと共通の話題を探すのは少し難しそうですが、趣味の面を掘り下げて行くと意外と見つかるかもしれません。

やはり共通の話題がある方が盛り上がりやすいですし、その後デートにも誘いやすいです。

女医の彼女と付き合ってよかったこと2選

乾杯

気高く、プライドが高そうなイメージの女医ですが、付き合ってよかったと感じることはあるんでしょうか。

1:食事代や旅費を出してくれる

女医は医師なので、給料も普通の人よりかは多くもらっているらしい。

デートの場面や、旅行では男性が払う、または多めに払うことが一般的ですが、女医が彼女の場合は違うようです。

実際に付き合った男性も口をそろえて、金銭面では助かったといいます。

 

全て相手が出すようなことはないにしても、半分半分でしっかり分けるカップルが多かったです。

彼女と頻繁に食事や、旅行に行くとどうしても男性の方が金銭面的な負担が大きくなりがちですが、女医の彼女であればお互い同じ金額の負担で済むそう。

中には、食事代は全て女医の彼女に払ってもらっていたという強者の男性もいました。

2:細かいことにセコセコしない

裕福な家庭で育った人がほとんどの女医さんは、細かいことにセコセコしないようです。

医学部を出て、医者になるには、親御さんにかなりの金銭的な負担がかかります。

その負担を乗り切れるということはやはり裕福であることは間違いないでしょう。

 

中には、父親が医師で、その影響を受けて医者を目指す人もいるらしく、そうなれば確実にお嬢様系でしょう。

裕福な家庭で育ってきた女性だからこそ感じる余裕や価値観などから、学ぶことも多いかもしれません。

女医の彼女と付き合って苦労したこと2選

困難

女医という職業は、普通のサラリーマンやOLなどに比べたら特殊と言えるでしょう。

だからこそ、彼女として付き合うには大変だと感じる部分もあるはずです。

ここでは女医の彼女がいた男性が実際に感じた「大変だ」「苦労した」と感じたことを2つ紹介します。

1:金銭感覚がズレる

やはり金銭感覚のズレはあるようです。

小さい頃から裕福な家庭で育てば、それは金銭感覚も周りの人とは違うはず。

身につけている物や、食事にいくお店など、良いものを見て来ているので、男性からするとデートやプレゼントのハードルが上がります。

 

食事に関しても、ファストフードやファミレスなどは選びづらいらしく、誕生日のプレゼントとかも何をあげれば喜んでくれるのか迷ったという男性が多かったです。

彼女と付き合って行く上で、金銭感覚のズレは苦労します。

それに相手が女医となれば、金銭的なズレは確実で出てくるでしょう。

2:デート中でも病院から呼び出しがある

直接的に命に関わる仕事なので、病院からの呼び出しがあればすぐに駆けつける必要があるそう。

アンケートに答えてくれた男性の体験談では、映画を見るためにチケットを買い、映画館に入ったにも関わらず、電話で病院から呼び出しがかかり、映画を見るのを諦め、車で病院まで送っていったこともあるそうです。

 

女医は勤務している病院に24時間拘束されているのと変わらないらしく、どんな時でも仕事優先です。

命に関わる仕事なのでしょうがないと言えばそうですが、彼氏としては苦労することろかなと。

女医の彼女と付き合うには「飾らないこと」が重要

グッド

実際に、女医と付き合っていた男性に「女性と付き合う上で何が一番重要か」と聞くと、

「飾らないこと」という意見が多かったです。

女医は育ちもよくて、頭もいいし、給料も普通の人より高い。

なので、どんな話をすればいいのか、自分なんかが話しかけていいのか、と思ってしまう男性もいると思いますが、そこまで気にする必要はないそうです。

むしろ、それを気にする男性が多いので、自然体で話しかけてくれる男性に好意を寄せる場合も多いのだとか。

女医と出会う確率が高い方法3つ

「女医と付き合ってよかったこととか、大変だったことはわかったけど、そもそもどうやって出会うのか」

ここが一番気になるところですよね。

 

女医さんは忙しく、病院にいることも多いので、同じ病院の勤務医の男性と付き合う人が多いようです。

ただ、男性医師には変わっている人も多いらしく、一般男性との出会いを求めている女医もいます。

「出会いがあれば、なるべくは職場以外の男性と付き合いたい」

そのように思っている女医さんとはどこで出会えるのか紹介します。

病院で話しかける

女医さんは病院にいるので、診察をしてもらったり、病院にいって直接話しかける方法があります。

実際に、入院をきっかけに付き合い始めた男性もいるので、病院での出会いは意外と交際につながりやすいのかもしれません。

ただ、難易度は相当高いですね。

友人などのつながりを探して合コンを開く

合コンをキッカケに付き合い始めた男性がいるように、忙しい女医さんであれ、合コンはするようです。

ただ、問題は女医が参加するような合コンに行けるかということろ。

 

合コンで女医と知りあうためには、まずは自分の周りに医師とのつながりがある友人がいないか探して見ましょう。

SNSとかを駆使すれば、見つけることも難しくはないはず。

医師とのつながりがある友人が見つかれば、あとは合コンのセッティングをお願いするだけです。

ただ、相手側も出会いを求めていなければ意味がないので、そこの判断は難しいです。

マッチングアプリを使う

普段病院にいる時間が長い女医さんの中には、出会いを求めてマッチングアプリを利用している人も多いと言います。

女医の彼女がいた男性からも、

「普通のシュチュエーションで女医と仲良くなるのは難しいけど、出会いを求めいる女医が登録しているマッチングアプリとかなら可能性がある」というアドバイスが。

ただ、マッチングアプリと聞くと、怪しいとか、騙されそうとかなどマイナスイメージを持っている男性も多いかと思います。

でも、今のマッチングアプリは、昔の出会い系とかとは全く違います。

これは試してもらうのが一番わかりやすいので、女医さんと出会うのにおすすめのアプリを1つ紹介します。

1,000人以上の女医と出会える「Pairs」

1,000人以上の女医さんが使っているマッチングアプリが今大人気の「Pairs」です。

Pairsには検索機能があるのですが、そこで職業を「医師」に絞って検索して見た結果がこちら↓

ペアーズ

1,343人の医師の方が見つかりました。

僕は男性として登録しているので、出てくるのは全て「女医」ということになります。

 

Pairs以外で、1,000人以上の女医さんと出会えるとことろなかなかありません。

なので、医師の彼女が欲しいのであればPiarsはぴったりです。

まぁとは言っても

「どんな女性医師が登録しているのか」

「実際、美人な人はいないんじゃないか」

という人もいると思います。

 

でも、大丈夫です。

2分のかんたん無料登録をすれば、相手の自己紹介文とプロフィール写真を見れます。

もし、気になる人が見つかり、メッセージを送りたいとなった場合は、月額1,180〜円が必要になります。

他のマッチングアプリは3,500円〜とかが普通なので、それに比べればかなりの低コスト。

飲み会一回我慢すれば、余裕で払える金額です。

 

飲み会を一回我慢して多くの女医と出会いましょう。

一般の方が女医と出会うには、このPairsを使うのが一番かんたんな方法かなと思います。

まずはどんな女性が登録しているのか確認して見ましょう。

>>Pairs(ペアーズ)を詳しく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です