薬剤師の彼女がいた男性6人に聞いた【付き合う方法、苦労したこと】

薬剤師の彼女が欲しい!!

薬剤師の彼女って付き合ったら大変なのかな?

薬剤師の女性と出会うためのキッカケはなんだったんだろう?

 

このような疑問を解決するために今回は、薬剤師の彼女がいた男性6人にアンケートを実施しました。

 

実際に、薬剤師と付き合って「大変だと感じたことはなんだったのか」「どうやって出会ったのか」など。

・これから薬剤師の女性にアプローチをしようとしている人

・薬剤師の彼女が欲しい人

・どこに行けば薬剤師の女性と出会えるのか知りたい人

そのような男性にぴったりの内容です。

 

最後まで読んでもらえれば、薬剤師の女性にどのようにアプローチすればいいのかがわかります。

気になる方はぜひ読んでみてください。

薬剤師の彼女と付き合うことになったキッカケ

歯科助手

そもそも、普通に生活していたら薬剤師の女性と出会うことはまずないと思います。

病院に行って薬を処方してもらう時か、薬局で働いている薬剤師さんに商品の場所を聞く時くらいでしょう。

なので、薬剤師の女性と出会うのはかなり難易度が高いです。

 

そんな状況の中、実際に付き合っていた男性たちはどのようなキッカケで交際に発展したんでしょうか。

交際まで発展した出会いのキッカケを知ることができれば、彼女を作るときかなり参考になるはずです。

友人主催の飲み会で

彼女が薬剤師だった男性のうち、6人中3人は友人主催の飲み会(合コン的な)で出会ったと言います。

 

1人の男性は、飲み会で知り合ったあと、自らアプローチをして何度も食事に行き、そのあと告白したそう。

もう1人の男性は、友人主催のパーティーで一目惚れし、ラインを聞いてデートに繋げたそうです。

3人目の男性は、合コンで知り合い、共通の趣味である旅行の話で盛り上がり交際に至ったといいます。

 

3人とも飲み会で出会い、その場で仲良くなり連絡先をもらっていました。

やはり、連絡先を聞きに行くなど、自分からアプローチすることは重要そうです。

学生時代の合コンで

中には、学生時代の合コンで出会ったという男性も。

学生なら、社会人よりも飲み会とかにつなげやすいですし、その男性の場合も、飲み会で知り合い自分からアプローチをしたといいます。

 

薬剤師の女性は、勉強もできて基本的に頭がいいです。

だからこそ、声のかけずらさはあると思います。

しかし、躊躇っていても、先につながらないので勇気をもっと連絡先を聞くことが大切です。

職場の多職種交流会で

職場の多職種交流会がキッカケで出会い、交際が始まったという男性もいました。

この方は、抗生物質の処方に関連している仕事をしていたらしく、「抗生物質」という共通の話題で盛り上がったそうです。

 

なかなか特殊な出会い方ではありますが、薬剤師さんと繋がるような仕事をしている場合はあり得ますね。

その場合は、共通の話題も見つかるでしょうし、話も合うはず。

薬剤師の彼女と付き合ってよかったこと

ガッツポーズ

薬剤師という職業は、普通の人からしたら特殊です。

そんな薬剤師が彼女の場合、付き合ってよかったと感じることはあるのか。

その辺りを、経験者に聞きました。主に挙がったのは3つです。

病気、怪我の時に適切な薬を教えてくれる

一番大きなメリットは、やはり病気や怪我をした時適切な薬を選んでくれるところでしょう。

風邪を引いた時や怪我をした時、自分にあった薬を探すのは素人には難しいので、そんな時にアドバイスをもらえるのは薬剤師の彼女ならでは。

 

病院でもらった薬が本当に自分にあっているのかという所も判断してもらえます。

体調を崩したとしても安心ですね。

給料が高く、経済的に自立している

薬剤師さんはOLなどに比べて、給料が高いです。

なので、経済的に自立していて、欲しいものがあれば自分で買うことができます。

男性としては、その方が正直ありがたいはず。

 

旅行に行く時なども、基本的には自分の分は自分で出してくれるらしく、男性の負担も少なくて済みます。

普通なら1回のデートでも結構お金がかかるので、頻繁に行くことは難しいかもしれませんが、相手もある程度負担してくれればその分デートに誘いやすくもなります。

基本的に土日休みで、休みを合わせやすい

薬剤師さんは基本的に、土日が休みの場合が多いです。

もし、あなたも土日休みなのであれば予定は合わせやすいかと。

さらに休みも取りやすいらしく、旅行に行くことも可能です。

 

休みが合わないカップルだと、自然とすれ違いが生まれてしまい、別れに繋がるケースも多いです。

なので、休みが一緒というのは大きなポイントかと。

薬剤師の彼女と付き合って苦労したこと

別れ

経済的に自立している、適切な薬を教えてもらえるといったメリットがある反面、薬剤師の彼女だからこそ苦労することもあるそう。

彼女の給料額を超えられない

彼女の給料が高いと、デートや旅行などでの負担が減るというメリットもありますが、自分にもそれなりの稼ぎがないと気持ち的に辛いそう。

男性としてもプライドもありますし、結婚を意識すると少し心配になる面もあるそうです。

薬剤師の彼女と交際中の男性も、

どうしても高収入の仕事になりますので、一般企業に就職した私にはハードルの高い年収となっており、結婚を前提に交際していますが、経済的な部分で幸せにする事が出来るのか心配になります。
後ろめたい気持ちになる事もありますので、強いメンタルが必要です。

このような意見も。

真面目な付き合いになればなるほど、男性として経済的に頼りになるのかと不安に思うこともあるそう。

病棟薬剤師の場合は仕事が忙しい

薬剤師には、病院勤務の人、ドラックストア、調剤薬局と勤務地が別れます。

この中でも、特に忙しのが病棟薬剤師だそう。

 

病棟勤務の薬剤師さんと付き合っていた男性によると、仕事が忙しく帰ってくるのが夜遅くになる場合もあるそう。

しっかり定時に上がれそうなイメージですが、人によってはかなり忙しい場合もあります。

薬剤師の彼女と付き合うには、お互い尊敬できるかが一番

グッド

薬剤師の彼女がいた男性にとったアンケート結果を見てみると、付き合う上で一番重要なのは「お互いが尊敬しあえる関係かどうか」というところです。

 

薬剤師の女性は、普通の女性に比べたら給料も高いですし、頭もいいでしょう。

なので、男性側があまりにも頼りなかったり、尊敬できる部分がなければ付き合うのは難しいです。

 

薬剤師の彼女がいた男性も以下のように言っています。

付き合う方法・付き合っていくための方法としては、経済的に自立をしているところをアピールする必要があります。
薬剤師ですので高収入の仕事になります。当然、経済的な視点で男性を見る時もありますので、収入を越えられなくてもせめて、自立している部分を見せられないと付き合っていくためには辛い部分もあります。
学生の頃は良いのですが、社会人になると、やはり金銭感覚を女性に合わせる必要がある事も出てきますので、出来るだけ余裕のあるアピールが効果的です。

何か一つでもいいので女性から見たとき尊敬できる部分があるのが理想です。

あとは、共通の話題を持っておくのもあり

やはり共通の話題がある方が親近感が湧きます。

実際に、「抗生物質」の話題で盛り上がった男性も付き合うことができていましたし、飲み会などで出会った時も距離を縮めやすいです。

薬剤師の女性と出会う前は、何か共通の話題を用意しておきましょう。

薬剤師の女性と出会える確率が高い方法

乾杯

薬剤師と交際経験のある男性も言っていましたが、出会うのはなかなか難易度が高いらしい。

普通に生活してたら出会う機会がないので納得ですよね。

 

まぁとは言っても、付き合える人がいるのでチャンスはゼロではないです。

では、どうすれば出会えるのか?

確率の高い2つの方法を紹介します。

薬剤師とつながりのある友人を探す

まず一つ目の方法としては、薬剤師とつながりのありそうな友人を探すということ。

ほとんどの男性は、共通の友人がいて、その友人つながりで出会っています。

 

なので、まずは周りに薬剤師とつながりがありそうな友人がいないか探してみましょう。

もし繋がることができたら、合コンを開催してもらいます。

薬学部時代などの横のつながりで、一気に複数の薬剤師さんと出会うことができるかもしれません。

マッチングアプリを使う

一番確実に出会う方法はマッチングアプリです。

マッチングアプリと聞くと

「サクラが多そう」

「騙されそう」

などとマイナスイメージを持つ男性も多いかと思います。

 

僕も以前はそのようなイメージでしたが、今のマッチングアプリはかなり進化しています。

ただ、どのマッチングアプリを選ぶかが重要なので、おすすめを一つ紹介します。

薬剤師さんに限らず、彼女が欲しいと思っている男性は見ていってください。

薬剤師の女性に出会うなら「Pairs」がおすすめ!

将来につながる、真剣な交際を求めいる人には、登録者数累計800万人と今大人気の「Pairs」がおすすめです。

僕の知り合いはこのPairsで知り合った女性と先月結婚まで行きました。

そのくらい真剣な出会いを探している男女が多いということです。

 

Pairsでは、女性の職業や年齢、居住地、趣味などで検索をかけれます。

ちなみに、薬剤師さんで検索をかけると1,900人の女性が見つかります。

薬剤師

これだけの薬剤師さんが登録しているマッチングアプリは他にないでしょう。

 

それに、Pairs以外のマッチングアプリだと月額3,500円〜とかですが、

Pairsは月額1,180円〜と最強のコストパフォーマンス。

 

薬剤師の女性に限らず、彼女を探すならPairsが一番スムーズ。

 

ちなみに、僕が使ってみて、一番美人が多かった職業はCAさんです←

女性プロフィール写真、自己紹介は無料で見ることができるので、まずはどんな女性がいるのか確認して見てください。

ちなみにPairsは女性のレベルがかなり高めです。

 

まずは2分の簡単無料登録から!

>>「Pairs」を詳しく見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です