【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

将来が不安な人がプログラミングを身に着けたほうがいい理由

大学生って語学を勉強する人多いと思いませんか?

留学などは結構なお金がかかります。

なのになぜみんな留学に行くのか?

それは、英語やその他の言語が将来必要になると思っているからか、何か自分の得意なことを身に着けて就活などに役立てたいと思ってるいからだと思います。

経済のグローバル化が進み、語学ができる人が求められる時代になったように、IT化が進みあらゆるところにテクノロジーが浸透している今、これからはプログラミング知識が求められるようになります。

将来のために何をするべきなのか悩んでる人には、今回の記事をぜひ読んで欲しいと思います。

これからの時代を生きていくために必要になる、必須スキルについてご説明したいと思います。

弁護士の仕事がなくなる未来

かつて、弁護士や公認会計士、司法書士など士業の職業は一度なってしまえば、将来安泰と言われていました。

しかし、IT化が進み、テクノロジーが急速に発展しいく現代社会では、士業といわれる職業もAIに仕事を奪われるのではないかと言われています。

昔は改札で駅員が切符を切っていましたが、今は自動改札になっているように、あらゆるところに人の手がいらなくなってきます。

AIによってさまざまな仕事がなくなっていくといわれている現代社会で、必要になる人材とは、

ITの基本的な知識を持ちコミュニケーション能力が高い人材です。

コミュニケーション能力と言うのは、なかなかスキルとして測ることは、難しいですが、

ITの基本的な知識やスキルについては、しっかりと学ぶことができます。

プログラミングを身に着けるべき理由

1:ITは避けて通れない

昔はPCオタクといわれ、パソコンに夢中になっている人は暗いイメージがあったと思います。

しかし、現代社会で活躍している人物は確実にこのITのスキルを持っています。

あなたが普段使っている、アプリ・スマホゲーム・SNS・アマゾンなどは全て誰かによってコンピューターにプログラムされたものです。

コンピューターにプログラムと言うと少し難しいと思うので、人がコンピューターに指示し動いているということです。

その指示がプログラミングというものです。

だた、使って人いるほとんどの人が、どのようなプログラムによって動いているのか、そもそもなぜこのスマホアプリは動いているのかは意識していないと思います。

ほとんどの人が、使う側にいて、作る側になろうとはしません。

しかし、これからは使う側にいる人はAIによってどんどん仕事がなくなっていきます。

逆に作る側は、今後さらに必要となり貴重な存在になります。

金鉱とスコップの話を知っていますか?

アメリカでおきたゴールドラッシュの時、金脈を掘りあてて成功人より、その近くでスコップを売った人のほうが大きな成功を収めたという話です。

使う側にいる間は、大きな成功を収めることは難しいです。

何かを生み出し作る側に回りましょう。

そのためにまずプログラミングを基礎知識として学ぶことが、最初の一歩です。

Facebookの元役員の人は、

「プログラミングを学ぶのなら生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。
プログラミングが理解できなければ、私があなたを雇うことはないだろう。」

と言っています。

まさに、プログラミングは基礎知識として必要になっていることが分かりますね。

2:これからますます需要がある

アメリカでは2020年までに約120万人のエンジニアが不足すると言われています。

これはアメリカだけの問題ではなく、世界的なものです。

世界的に不足してくるのに、日本だけ足りている状態はありえません。

日本では現時点で既に、IT人材が20万人ほど不足していると言われています。

求人情報サイトを見ればわかりますが、ほとんどの企業が、常にエンジニアを募集しています。

完全に需要に供給が追いついていないことがいえます。

これだけ不足してるので、もしあなたがプログラミングを身に着ければ、多くの企業があなたを欲しがるはずです。

3:国をあげてプログラミング人材を育成しようとしている

2020年には小学校にプログラミング教育が導入されます。

小学校で英語教育を取り入れた何年か前と同じですね。

企業だけではなくて、国として人材を育成していかなければいけないと感じたのでしょう。

元アメリカ大統領のオバマさんは、

「テレビゲームをやるだけではなく、自分で作ってみよう。最新アプリケーションをダウンロードするだけで終わらず、デザインしてみよう。電話で遊ぶだけじゃない、プログラミングをしてみるんだ。」

「コンピューターを勉強することはあなたの未来のためだけじゃないんだ。アメリカの未来がかかっている。」

と数年前に言ってます。

ここまで必要だと言われるスキルって他にありますか?

4:プログラミングの知識がなければ仕事ができなくなる

プログラミングを学ぶからといって、全ての人がプログラマーになったほうがいいとは思っていません。

人には向き不向きがあると思うので。

ただ、プログラミングの知識が無いと、仕事での会話で不便が出てきます。

先程言ったように、2020年には小学校でプログラミング教育が始まります。

今の小学生は基礎知識としてプログラミングを学んでくるのです。

今の小学生が大人になって一緒に働くことになれば、知識の差が確実に出てきます。

もし、自分にプログラミングの知識がなければ、その年代と仕事上で会話することも難しくなり、自分が追い越されていくこともありえます。

実際に今、50歳くらいの人達は、学生の時そこまで英語が必要とは言われてなかったと思います。

しかし今や英語は欠かせないスキルとなって、多くの若者が学んでいて、そのスキルを元に年上の人を追い越し昇進していくことも起こっています。

これと同じ事が将来起こり得ます。

AIが発展している時代に、仕事ができるのは、システムを作る人と、コミュニケーション能力が高い人です。

コミュニケーション能力が高いといっても、普段の会話のような内容ではなく、システムを作る側の人とできるコミュニケーションを指しています。

プログラミングを仕事としないにしても、作る側の人と会話できる程度のプログラミングスキルは確実に必要です。

今それ以外の仕事をしている人は、近い将来仕事がなくなる可能性も大いにあるわけです。

6:今何もスキルがない人はプログラミングで世界が広がる

「プログラミングなんて難しそうだしな」

と思っている人が多いかと思います。

もし将来今描いている理想のように暮らしたいのであれば、今のうちにやっておくべきです。

大学生であれば、適応能力や学んだことの吸収力も高いので、そこまで難しいことはないでしょう。

大学生で将来のために何をしたら良いのか分からなくて悩んでる人は、とりあえずプログラミングを身に着けたほうが良いでしょう。

資格などはその分野でしか活かせませんが、プログラミングスキルであれば、どんな分野にも必要とされるので、何となくでもいいんです。

もしプログラミングを学びたいと思っているのであれば、始める時期は早ければ早いほどいいです。

大学生では、留学などに行って英語ができる人が尊敬される傾向にあります、しかし今から留学して語学を学ぶには準備の時間も必要だし、高額な費用もかかります。

プログラミングの基礎知識であれば、最短で1ヶ月で学ぶことも可能です。

英語を学ぶことが重要と言われ、留学に行く人や、英会話スクールに通う人が増えたように、プログラミングの知識が重要と分かれば、プログラミングスクール通う人が増えたりと、同じような現象が起こるでしょう。

今はまだ、一定の人だけに必要なスキルと思っている人が多いですが、将来的には常識になります。

今、ひとより早く気づき動き出せば、みんなが気づいたときには2歩も3歩も前を走っているはずです。

まとめ

今回説明したように、プログラミングは英語にスキルを並ぶ必須スキルとしてこれから多くの人が学び始めるでしょう。

今回の記事では、重要性について分かっていただけたと思います。

あの時やっておけば、よかったと社会人になってから後悔しないように、今のうちに始めておきましょう。

短期間で、未経験からプログラミングを学び始めてたい人にはこちらの未来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール「TECH BOOST」がおすすめです。

まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。



 

関連記事【文系編】就活に有利な資格は?その資格無駄じゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です