【生産性アップ】時短グッズ11選ビジネス用。使いこなせば年収も上がる!

Amazonでお得に買い物するなら

みなさん、Amazonの商品が送料無料になる方法は、もう知っていますよね?

さらに、頼んだものが翌日届くお急ぎ便が無料で使い放題にも。

Amazonで買い物するなら、その方法を知ってないと正直”もったいない”です。

欲しい商品を買ったら、余分に送料がかかってしまっいます。←無駄なお金を使う必要はありません。

>>送料にお金をかけたくない人はこちら

ちなみに、学生は下のリンクからの方がお得にAmazonを使えます!

>>【学生限定】こちら

「生産性を上げたい」

そのためには、必要ない時間を削る必要があります。

そう、時短。

 

今回は、「生産性を上げたい」と思っているビジネスパーソンに向けて、時短できる便利グッズを11個紹介します。

無駄な時間をなるべく削ぎ落として、生産性をアップさせれば結果的に年収もアップします。

 

この記事で紹介している時短グッズはそろえれば、時間の大切さに気づいたあなたを強力にサポートしてくれるでしょう。

無駄な時間を過ごさないためにも、ぜひご覧になってください。

同時に5台まで高速充電「Anker PowerPort」


「Anker PowerPort」は充電ポートとしてかなり有名ですよね。

最大51.5ワットの出力が可能なので、複数の端末を高速充電できます。

光沢のあるデザインで、洗練された感が。

「身の回りはこだわった物で揃えたい」

そんな方にピッタリの商品です。

通常5台ポートだと、大きめのサイズをイメージされる方も多いですが、Ankerの商品はコンパクトな作りになっています。

スマホ、タブレット、Kindleなど、ビジネスパーソンならあらゆる端末を必要としますが、それらを使いこなすにはまず充電ポートから。

なんとなくで選ばず、洗練されたもので身の回りを固めて行きましょう。

もちろん、高速充電なので時短にもなります。

生産性が圧倒的に上がる「Logicool高性能マウス」


マウスの性能は作業スピードに直結します。

マウスの性能が悪ければ、その使いにくさいにイライラもするでしょう。

このLogicoolの高性能マウスは、ワイヤレスにも関わらず3台のデバイス間でやりときができます。

なので、デバイス別に手を移動させる必要もありません。

マウス自体の設計も、生産性を引き出す「エルゴノミクスデザイン」が採用されており、使いやすさが追求されています。

「ワイヤレスマウスで最高のパフォーマンスを引き出したい」

そのような方はぜひこの「Logicool」のマウスを試して見てください。

今までのマウスとの使い心地の差にビックリするはずです。

手元に秘書がつく「Apple Watch」


Apple Watchは手元に秘書がつくと言っても過言ではありません。

もう、秘書はこのような端末に置き換えられる時代です。

スケジュールはもちろん、ヘルス管理、メッセージ、運動記録などなど、あらゆる行動を徹底的にサポートしてくれます。

たまに、「Apple Watchは必要ない」「Apple Watchはそこまで便利じゃない」とか言う人がいますが、それは使いこなせてないだけです。

その人がApple Watchについていけてないんです。

Apple Watchの性能を理解し、使いこなせば日々の生活が確実に充実した物になります。

予定や、タスクを忘れてしまいがちな人は、リマインダーをセットしとけば忘れる心配がなくなり、

体調管理が苦手な人は、ヘルスケアアプリと連動させれば心拍数から管理できます。

重要なメッセージもスマホを開かずに確認ができるので、レスポンスも圧倒的に早くなる。

もし、iPhoneではないと言う方は別にApple Watchにこだわる必要はありません。

他のスマートウォッチを検討してみてください。

 

いつでもどこでもハンズフリー通話「PZX Bluetooth イヤホン」


最近は、ハンズフリーのイヤホンを通じで電話しているビジネスパーソンをよく見かけます。

ハンズフリーで会話しているだけで、ちょっと仕事ができそうな感じもしますよね。

PZXのBluetoothイヤホンは、軽量化つコンパクト。

さらに、片耳だけの使用も可能なので、周りの音声を聞きながら会話できます。

もちろん音質にもこだわっており、ジムでの運動、通勤、ランニングなどあらゆるシュチュエーションで使えます。

ただ、このような通話可能なハンズフリーイヤホンであるのが、音声を拾うマイクの性能が微妙ということ。

いくら聞く音声が良くても、話したことが相手に伝らなければ意味がありません。

しかし、その点でもこちらのPZXのBluetoothイヤホンは安心です。

360度ステレオサウンドが採用されており、高性能マイクでしっかり音声を拾います。

AppleのAirPodsも人気ですが、人と被りたくないと言う人はこちらをおすすめします。

ケースにも高級感があるので、バッグに入れといてもオシャレですし、シックな黒なのでスーツにも似合うでしょう。

必要なものを取り出す時間を短縮する「本革ベルトポシェット」


スマホ、クレジットカード、お札、小銭、ペン、イヤホンなどの収納が可能なベルトポーチ。

普段からよく使うクレカとかスマホですが、カバンやポケットなど収納する場所はバラバラだと思います。

そうなると、使いたいときに取り出すのが面倒ですよね。

イヤホンやペンなどの小物はカバンにしまっておくと、特に取り出しに苦労します。

最悪の場合、どこに何を入れたのか忘れてしますことも。

そんな時に便利なのが、このベルトポーチなんです。

腰につけることもできますし、普段使っているカバンに取り付けて使うことも可能です。

ちょっと外出する時などもこれ一つで出かけられますし、準備の時間を短縮できます。

本革が使われているので、高級感もあり、ビジネス姿をより洗練された形にできるでしょう。

打ち合わせ、会議で使える「電子メモ」


紙のメモ帳って重いし、カバンの中でかさばりませんか?

紙を使い切ったらまた新しいメモ帳を購入する必要もあります。

ですが、電子メモならコンパクトで軽量ですし、カバンの中に入れておいても幅をとりません。

「カフェなどの打ち合わせで図を書いて説明したい」

「重要なポイントを図やイラストを使ってメモしておきたい」

そんな時に便利です。

サクッと書いてサクッと消せるのが電子メモの良さ。

打ち合わせの内容的に、紙に書いて残したいくない情報もあるでしょう。

そんな状況でもサクッと消せる電子メモは役に立ちます。

さらに高性能!紙に書いたメモをデータ化「スマートパッド」


上で紹介した電子メモは、取ったメモをデータ化できないところが惜しいんですよね。

しかし、このスマートパッドなら、メモを取ったら即データ化できるんです。

メモにアイデアを書きとめて、スマホやタブレットにPDF、JPG、PNGとして共有。

その一連の流れが可能になります。

さらに、このスマートパッドに書いた文字をメールの文としてスマホなどに転送もできちゃう。

このスマートパッドに書いた図や文字は、あらゆる形で利用できます。

例えば

  • メールの文として
  • アイデアの書きとめ
  • アイデアの共有
  • 打ち合わせ内容のまとめ作成
  • 図を使った説明

などなど。

スマホでもメモは取れますが、直感的ではありません。

スマートパッドならアイデアを直感的に、図や文字に起こせます。

取ったメモを写真にして共有したりする必要がないので圧倒的な時短に繋がるでしょう。

 

普通のペンじゃない!重要な音声を録音できる「ペン型ボイスレコーダー」


こちらは普通のボールペンではありません。

ワンタッチで録音が可能なボールペンです。

会議・打ち合わせ・セミナーなどで必要な時にすぐ録音を開始できます。

もちろんペンとしても使用可能なので、これ一本あればあらゆる状況に対応できるでしょう。

16GBと大容量なので、大切な話を録音できないと言う心配もありません。

大切な会議で聞き逃しを防ぐためにもこのペン式のボイスレコーダーを使ってみてください。

ペン型なので、録音がバレることもないでしょう。

書店に行く時間を省ける「Kindle Peparwhite」


Kindleがあれば読みたいと思った本が”1秒”で手に入ります。

やはり読書はスキルアップにもつながるので、積極的に取り組みたいと思っている方も多いでしょう。

そのような気持ちを圧倒的にサポートしてくれるのがこのKindleです。

「Kindle Perparwhite」は防水機能も搭載しているので、湯船に浸かりながら読書ができます。

さらに、本を開く必要がないので、横になりながらでも本が読めちゃうんです。

そして、ブルーライトを完全にカットしてあるので、目にも優しく、長時間の読書でも疲れません。

「通勤時間を有効活用したい」

「空いた時間にサクッと読書がしたい」

そのような方はぜひ一台持っておくべきでしょう。

全ての操作が直感的に「Apple iPad」


先ほど紹介した、電子メモやスマートパッドは正直「iPad」で全て補われます。

さらに言うと、パソコン、スマホなどの機能もこのiPadがあれば全て完結しちゃいます。

  • 画像へ文字を書き込んで共有
  • メモを取ってデータ化、さらに転送
  • 一日中持続するバッテリー
  • 100万以上のアプリケーション

などかなりの高性能。

まぁその分値段は上がってしまいますが、これからの生産性を考えたら先行投資としては安いかなと。

便利すぎると話題の「Alexa」


「アレクサ、電気つけて」

「アレクサ、テレビのチャンネル変えて」

「アレクサ、6時に目覚ましかけて」

「アレクサ、ルンバONにして」

「アレクサ、レディーガガの曲かけて」

もうこうなると、専用の執事ですよね。

今はまだ情報感度が高い層にしか普及していませんが、これからはスマートスピーカーが一家に一台あることが普通になるでしょう。

時間がかかることはロボットがやってくれる時代です。

その初めの一歩として「Alexa」には触れておくべきです。

体験してみるとわかりますが、将来的に人は動く必要がなくなるなと感じます。

人間は生産的な活動に全ての時間を使える時が来るんです。

ただ、それができるのは、このようなデバイスを使いこなせる人のみ。

他の人より早く最先端に触れ、時代を先取りして行きましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です