【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

早起きしたいとき目覚まし時計が鳴る5分前に意図的に起きる方法

「明日早く起きないといけないけど、起きれるか不安」

そんな人のために、早起きが苦手な僕が実践している方法を紹介します。

この方法なら、目覚まし時計が鳴る前にスッキリ起きることも可能です。

実際に、目覚まし時計が鳴る5分前とかに目が覚めたり、結構奇跡的なことが何度も起こりました。

早起きが苦手な人や、目覚まし時計のうるさい音で起きたくない人は試してみてください。

早起きしたいとき目覚まし時計より先に起きる方法

最初にズバリその方法を紹介してしまいます。

その方法とは、

「明日は〇時に起きる」と10回声に出して言う。

これだけです。

「そんなわけ無いじゃん」と思った人、こんにちは。w

そう思った人に納得してもらうため「根拠」を解説していきます。

この方法は、朝起きる以外のところ、

例えば、

目標を達成したいとき、

叶えたい未来があるときなどにも使えます。

 

みんな一回くらいは、目覚まし時計がなる5分前とかに起きたことないですか?

もしあるのであれば、それは偶然起こったことではないんです。

ない人もこの方法を理解して実践すれば体験できます。

なぜ声に出して言うだけでその時間に起きられるのか?

この「なぜ」がわからなければ、実践する人もいないと思うので、なぜそんなことができるのかを説明します。

それは、自分の意識に働きかけるからできるんです。

もう少し詳しく言うと、声に出すことで自分の潜在意識に働きかけることができるということです。

経験ありそうなことで言うと、

サッカーのフリーキックの時、「壁に当てちゃだめ」と思うと壁に当たっちゃったり、

キャッチボールしていて「そっちに投げちゃだめ」と思うとそっちにいっちゃたり、

かなり狭い例えになりましたがそういうことです。

とりあえず、そうなって欲しくないことをイメージすると、そのイメージしたことが現実になってしまう。

その逆でなって欲しいとこをイメージすると、そのイメージ通りになるということです。

スポーツの世界だと、イメージトレーニングとかありますが、それと一緒ですね。

なので、朝早く起きたいときも、ただ10回声に出して言うより、起きたときの事をイメージするとさらに現実になりやすいです。

「明日は6時に起きると」言いながら、6時に起きたら、まず布団から出て、トイレに行く、そのあと顔を洗って、、、

みたいな感じのイメージです。

早起きしたかったら声に出してイメージする

まとめると、まず10回声に出して言うことと、

さらに早起きできる確率を上げたいときは、起きたときのイメージをすることです。

 

実はこの方法は、潜在意識と言う無意識の領域を利用していて、多くの人が持っているものなんです。

その潜在意識を使うと、イメージしたことが現実になると言われています。

もっと詳しく知りたい人は潜在意識をとことん使いこなすを手にとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です