【レビュー】1冊10分で読める!本の要約サービスflierを実際に使ってみた

会員数23万人超え、1冊10分で読めると話題のflierを実際に使ってみました。

そこまでの会員を呼び込んだ要因はいったいどこにあるのかレビューしていきます。

flier

flierのここが便利!活用シーン

まずはflierに登録している僕が実際に使っている場面を紹介します。

1:電車での移動中・昼休憩の時間にサクッと1冊!

1冊10分で読みきれるので、隙間時間にピッタリ。

flierはスマホ・PC・タブレットなどの端末に対応しています。

本を持ち歩くのはバッグが重くなってストレスだったんですが、flierはスマホで読書ができるので重い本を持ち歩く必要もなくなりました。

今までは電車で適当にネット閲覧してたんですが、その時間で新しい知識を手に入れられるんです。

しかも要約してあるのでサクッと読みきれます。

2:駅まで歩いている時に音声で聞く

flierは本の要約を、聞くこともできるんです。

「歩きながらスマホを見るのはちょっと」

「満員電車でスマホすら見られない」

こんな人にはありがたい機能ですね。

僕は駅まで歩いているときにflierの音声を使っています。

意外と人通りが多い道なので、スマホを見ていると人とぶつかってしまうかもしれないので音声を利用しています。

あと、たまに寝る前にも要約の音声を流しながら寝ています。暗闇でスマホ画面を見るのは目が疲れるので。

本要約サービスflierは要約の質がいい!

10分の文量に要約されているとなると心配なのは「要約の質」ですよね。

僕も登録する前は要約の質の部分が心配でした。

心配だった僕は無料で読める要約の部分を20冊ほど読んで登録しました。笑

(どんだけ心配性なんだ。。)

その確認後、この要約なら登録するメリットがあると思い登録しました。

ではなぜflierは質の良い要約ができるのか?

経営コンサル・新聞記者が要約している

flierの要約は経営コンサル・出版社の編集者・新聞記者など、経験豊富なプロのライターによって作成されています。

そのため、その本の本質的な部分だけを抜き出し要約することが可能なんですね。

>>flierの詳細はこちら

僕がflierを登録したもう一つの理由

みなさんは本を買うとき、どうやって選んでいますか?

僕は本屋に行き、気になる本をとりあえず手に取ってみて、立ち読みして、

ちょっと読んで良いかもと思った本を購入します。

多くの人がこんな感じではないでしょうか?

でも、こうして選んだ本も、知りたいこととは違うことが書いてあったり、読みにくくて途中で読むのをやめちゃうんですよね。

せっかく1,500円くらい払って買ったのに。。

flierはこの「損」を回避させてくれるんです。

ポイント

flierで読んで、もっと詳しく読みたいと思ったら買うこともできますし、

要約で十分と思ったら、それでオッケーです。

本屋に行った時、flierで読んで「要約で十分と思える本」を買わずに済むんです。

そんなflierって、高いんでしょ?

flierには3つのプランがあります。

ちなみに僕が登録したのは「ゴールドプランの月額2,000円」です。

一冊新しい本を買うにしても1,500円くらいはかかるので、本が読み放題なら安いなって思いました。

というか、ゴールドプランじゃないと制限を気にして、10分で読めるというメリットが活かせないです。

10分で読めるから、いろんな本に触れられることがflierの良さでもあるので。

>>flierの詳細はこちら

どんな本があるの?

要約されている本はのジャンルはこんな感じです。

flier

マーケティング、生産性などのビジネス系を中心にフィットネスまで幅広くそろっています。

選びやすいように、このような形でもまとめられています。

flier

flierはこんな人におすすめ!

僕が登録してみて、おすすめしたいなって思った人を紹介します!

・就職、転職を有利にしたい

 

・同期に差をつけ評価されたい

 

・ビジネスパーソンとして周囲に認められたい

 

・リーダーとしての教養をつけたい

 

・将来の活躍の幅を広げたい

>>flierの詳細はこちら

flierは3分で登録完了!

登録後すぐに読み放題

音声も聞き放題

メリットを感じなければすぐに解約できる

今すぐ読み放題を
手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です