【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

アパートの決め方で失敗したくない大学生はこれをみろ!

物件選び絶対失敗したくないですよね。

住み始めてしまうと、引っ越すのも面倒だし、そう思うのは当たり前です。

アパートを決めるときに失敗してしまう人は結構多いです。

長い時間過ごす部屋なので、快適に住める空間を選びましょう。

この記事では

アパートを決めるときの”ポイント”と”注意したいこと”をまとめました。

後悔しない部屋を決めるためにぜひ読んでください。

記事の最後には部屋選びで使うべきツールを紹介しています。僕も実際使いましたが、そのおかげで、駅近の角部屋に住むことができています。

そもそもアパートとマンションの違いってなに?

基本的に、アパートとマンションに明確な違いはありません。

呼び方の違いです。

それぞれの不動産会社が基準を決めて、「この建物はマンション」「こっちはアパート」といった感じです。

その基準は、建物の構造によって決められています。

多くの場合は、鉄筋コンクリートは「マンション」。

木造、鉄骨造の場合は「アパート」と呼ばれることが多いようです。

後で構造の違いは詳しく説明します。ここでは、呼び方の違いくらいに思っておいていただければ大丈夫です。

部屋を決めるときに見るべきポイント

学校との距離

そもそも一人暮らしは、通学に便利なところに住むのが目的だと思います。

学校から遠いところに住んでしまうと、家賃以外にも定期代などの交通費がかかります。

一人暮らしは何かとお金がかかるので、なるべく節約したいですよね。

理想の距離は、家を出て30分以内に学校に着くところだと思います。

人にもよりますが、家から学校が遠いとサボりぐせが付いてしまいます。

僕も一時期、学校まで2時間じかんかかる実家から通いましたが、かなりしんどいです。2時間かけて行って授業が休講になったときは、時間を無駄にした気持ちになります。

学校までのアクセスが良いことに越したことはありません。

アルバイトをできそうな場所が近くにあるか

学生になったらほとんどの人がアルバイトを始めると思います。

そのときバイトをできるようなお店がないと、わざわざ時間をかけて通わないといけなくなります。

居酒屋などの飲食店で働くと、帰りが夜遅くになることもあるので近いほうが続けやすいです。

構造

構造の部分はあまり気にしない人がいますが、チェックしたい項目です。

アパートの構造は大きく分けると

  • 木造
  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート

の3つがあります。

何が違うのかというと、壁の厚みです。

壁の厚みの違いは、音漏れ具合に影響します。

木造は壁がうすいので音が漏れやすいです。隣の人の声やテレビの音が聞こえてくる場合もあります。

鉄骨造は木造よりは音漏れしませんが、走り回ったりするとひびくことがあります。

鉄筋コンクリートの場合は、音漏れの心配はほぼありません。

住んでみたら音漏れがひどいなんてことを避けるためにも確認しておきましょう。

周辺の環境

部屋探しのときは部屋の内部だけに目がいきがちですが、部屋からデテ周辺の状況も確認しましょう。

確認するポイントとしては

  • 車通りが多いか
  • 線路が近くにあるか
  • 人通りが多いか

などです。

夜、騒音が激しくて寝れないなんてことも有り得ます。

周辺状況は、住んでみて初めて気づくこともあるので、あらかじめ不動産屋さんに聞いておきましょう。

その他自分の条件

その他のポイントとしては、

  • 間取り
  • 日当たり
  • 駅からの距離
  • 家賃
  • 敷金礼金
  • ユニットバス

などの自分の希望の条件だと思います。

全部の条件を満たすのは難しいですが、譲れないポイントを決めて、そこには妥協しないで探すのがコツです。

妥協して決めてしまうと後悔します。

焦らずに余裕を持って決めましょう。

「カギ」はいい不動産屋に出会えるか

結局は、親身になって探してくれる不動産屋さんに出会えるかが大きなポイントになってきます。

基本的に不動産やさんは自分たちのところで決めてほしいので、良いことしか言いません。

住んでみたら、騒音がすごい、日がほとんど当たらないなんてこともあります。

親身になって探してくれるところであれば、悪いところも含めて教えてくれます。

アパート選びで注意したいこと

何も情報がないまま店舗に行くと、紹介手数料の高い物件をおすすめされる可能性もあるので、実際に足を運ぶ前にあらかじめ、自分で目星をつけてから行きましょう。

ただ有名な賃貸情報サイトだと、直接足を運んでもらうためのおとり物件も含まれています。

その物件を見たいから行ったのに、うまい営業マンに他の部屋を紹介されるなんてこともあります。

それは避けるために僕が実際に使ったのは「イエプラ」というサービスです。

イエプラとは、物件選びをチャットで相談できるサービスです。

直接は言いにくいこともちょっとだから気軽に相談できるし、おとり物件も一切掲載していません。

さらに大手の賃貸情報サイトには出ていない穴場の物件も教えてくれます。

部屋探しのことなら何でも相談できるのに、登録から相談まですべて完全無料で使えます。

初めてイエプラを知った時は、「面白そうだから使ってみよう」程度でしたが、使い始めてみると、今後店舗型の不動産屋が必要なくなると思ったくらい質の高い情報をチャットで返信してくれました。

実際いま住んでいる部屋は、イエプラを利用して探しました。

利用した感想は正直メリットしかありません。

強いて言うならば、返事が早すぎるのでちゃんとした回答なのか疑ってしまうところです。

ただ、返事は早い上に正確な情報です。

まとめ

アパートを決める際には今回ご紹介したポイントを参考にしてみてください。

後悔しないためには、譲れないポイントを決めてそこには妥協しないことです。

最後にイエプラについてまとめておくのでこちらも目を通して見てください。

・直接相談しにくいこともチャットだから気軽に相談できる

・細かい希望も聞いてもらえる

・未公開物件に出会える

・不動産屋を何件も回る必要がない

・登録から相談、全て無料

 

>>イエプラについて詳しくみる

関連記事イエプラを徹底解説!そんなことまで答えちゃっていいの!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です