決断力をつけたい人は「覚悟力」を意識すれば簡単に決断できる

僕は、3歳から18歳くらいまで本気でサッカーに明け暮れていました。

詳しいプロフィールはこちらから。

サッカーって前半と後半に分かれていて、それでも決着がつかないとPK戦ていうのがあるんですね。

PK戦は、キーパーと1対1の勝負で、ほとんどの場合は、キッカーがゴールを決められます。

で、このPK戦で何が必要かというと、技術とかじゃないんです。

強いメンタルなんです。

なので、僕はこのPK戦が大嫌いでした。

なんでかっていうとメンタルがめちゃ弱なんです。

自分の順番の前に、終わってくれと毎回思ってました。

 

選択できない人

メンタルが弱い僕も大学に入って、フィリピン留学に行ったり、神奈川から鹿児島まで一人でヒッチハイクしたり、アポなしで日本企業の海外支社にインターンさせてくれと直接言いに行ったりしました。プロフィール

メンタル弱いけど、好奇心はあるんですね。

そしてメンタルの弱い僕が、なんでこんなことできたか考えてみたんです。

わかったのが、何しても、死ななければいいやという「覚悟」があったんです。

 

普通に生きているだけでも、多くの選択が必要になってきます。

高校生の時には、大学に行くのか?行かないのか?とか、

留学するのか?しないのか?

就活だったら、この企業でいいのか?他の企業の方がいいのか?

などです。

この時も、やはり覚悟力が必要になってきます。

覚悟力をつける方法

ここで言う「覚悟力」と近い意味に「決断力」と「判断力」があります。

判断力とは、物事を正しく認識し、評価する能力。

決断力とは、自分自身の判断・責任で決断する能力。

出典:コトバンク

「判断」は脳でするもので、「決断」は体でするものです。

「判断力」がないと悩んでいる人は、判断材料となるものが不足しているだけです。

ただ、初めての状況や、なかなか情報が集まらない状況の中では、正確な判断をするのは難しいと思います。しかし、決断を繰り返していけば、判断力も自然と養われます。

そして、よく「決断力がないんだよね」と悩む人がいますが、

「決断」は覚悟をすれば一瞬でできます。

初めての状況での判断も、「覚悟力」があればどうにかなります。

 

僕が考える「覚悟力」とは、その選択による最悪の事態を予測して、受け入れる態勢が取れるかどうかというものです。

 

多くの人が間違った判断をするのを恐れます。

だから決断もできなくなるんです。

 

僕は、何かチャレンジするとき、最悪の事態を予測します。

本当に死んじゃいそうな時は、失敗しても死ぬだけだと思えばいいんです。←こんな場面はまだ遭遇したことないけど。笑

遭遇したい。そんな時はどーすんだろ。。

 

メンタルが弱い僕も、覚悟力をもつだけで、さまざまなチャレンジができました。

自分で物事を決めて行くのが苦手な人や、周りの目を気にしてしまう人は、この覚悟力をつけた方がいいです。

 

覚悟力をつけるのは、簡単で、その選択によって起こる最悪の場合を予測すればいいんです。

だいたいの場合が、そこまで最悪じゃありません。

もしそれが受け入れられない未来であれば、決断するのはやめておきましょう。

その時は、逃げるか、他の人に任せます。笑

 

これからも、たくさんの選択を迫られると思いますが、その選択も覚悟によって乗り越えられるはずです。

ぜひ意識してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です