【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

アロワナ用水槽90cm〜120cmまでのおすすめ!なるべく大きいのがベスト!

アロワナ

この記事では、アロワナ用の水槽を紹介します。

 

僕の実家でも以前アロワナを飼っていましたが、その時の水槽は幅が120cmでした。

 

大きいサイズのアロワナになれば、1mを超えるので成長した時を考えても水槽選びは重要です。

間違った水槽を購入してしまえば、アロワナの成長にも悪影響が出ます。

 

この記事では、飼い主さんのアロワナにあった、水槽選びをお手伝いします。

厳選して紹介していきます!

アロワナ用水槽の選び方

アロワナの水槽を選ぶ時のポイントは、サイズと設置場所の2つです。

この2つのポイントを抑えることができれば完璧です。

1:横幅だけでなく、奥行きも重要

アロワナは体が硬いため、カーブを泳ぐのが得意ではありません。

なので、水槽を購入する時には横幅だけではなく、奥行きも確認しましょう。

 

アロワナを購入する時は10cmくらいの大きさですが、成長すれば50cmを超えます。

さらに大きいものになれば体長が1mを超える種類のアロワナも。(シルバーアロワナ)

 

水槽が小さすぎるとアロワナにとってストレスにつながることもあるので注意しましょう。

2:設置場所に合わせて選ぶ(重量に耐えられるか床も確認)

アロワナの水槽は小さくても90cm〜と、設置にはかなりの場所が必要です。

水槽の下に土台を築き、その上に乗せることになると思うので、高さも出てかなりの圧迫感。

 

水槽を購入する前には、部屋のどの場所に設置するスペースが確保できるのか、アロワナの成長を考えた時、適切なサイズの水槽を設置できるのか。

部屋内のバランスを見て、しっかり予測しておきましょう。

 

でないと、購入した時に置く場所のサイズに合わないと言った自体が起こり得ます。

ちなみに、アロワナを飼うための水槽は本体が30キロを超え、さらに200リットルほどの水が入るので、床の耐久性も確認しておきましょう。

予算と設置場所があるならなるべく大きな水槽を!90cm以上が理想!

やはり、アロワナのことを考えたら水槽は大きければ大きいほど良いです。

ただ、大きな水槽だと設置場所も限られますし、値段もそこそこ。

 

それに、水槽に入れる水の量も増えるので、温度を保つための電気代など維持費も必要です。

予算や設置場所を踏まえた上で、水槽のサイズを決めていきましょう。

アロワナ用水槽〜90cm、設置場所が限られている時におすすめ

寿工芸KC-900L|90×45×45

90x45x45の水槽が欲しいと思い、レビューも無く少々不安でしたが注文してみました。割れも無く無事到着。60cm水槽は持っていましたが非常に大きく感じました。ウチのオスカーも広くなり元気に泳いでいます。オススメです。

引用:amazon

本体サイズ:幅×奥行き×高さ=90×45×45cm

ジェックス マリーナガラス水槽90cmスリム|90×33×36


本体サイズ:幅×奥行き×高さ=90×33×36cm

幅は90cmありますが、奥行きは33cmと少し狭めです。

アロワナのサイズによっては、狭く感じるでしょう。

寿工芸寿工芸コトブキレグラスフラット|90×30×36


こちらも幅90ですが、奥行きは30と狭めです。

フレームレスなので、見た目のスッキリさは他の水槽よりも勝ります。

ニッソー NS-13M 黒|90×45×45


本体サイズ:90×45×45

フレームは黒縁でどっしりとした印象があります。

設置場所スペースが限られている場合は、こちらのサイズがおすすめです。

ニッソー 7点セットパワーマスターLED|90×45×45

  1. 水槽
  2. 上部フィルター
  3. 中和剤
  4. LEDライト
  5. ろ過マット
  6. ガラスフタ

初心者の方でも安心の7点セット!

アロワナの水槽環境を整えるとしても、付属で必要なものが多くあります。

最低限必要な7つをセットで揃えることができるので簡単で便利。

特にガラスフタが付いているのは、重要です。

水槽から飛び出して死んでしまうアロワナも多いので、最初からフタがあるのは安心。

水槽サイズ:90×45×45

本体サイズは高さが58cm

LEDも付きなので、鮮やかなアロワナの姿が楽しめます。

アロワナ用水槽90cm以上

アロワナへのストレスなどを考えると、幅90cm以上のサイズがおすすめです。

予算があるのであれば、なるべく以下の3つから選んであげると良いかもしれません。

ジェックス マリーナガラス水槽120cmスリム|120×45×45


黒のフレームが特徴的な120×45×45サイズの水槽。

人気のマリーナガラスを使用しています。

コトブキ 120cmスタンダード水槽|120×45×45


こちらも120×45×45の水槽。

このサイズの水槽だとかなりの重量があるので、置き場所にも注意が必要です。

飼育するアロワナの体長を考えて、決めるようにしましょう。

寿工芸 レグラスフラット F-1200L|120×45×45


こちらは水槽の他に、ガラスフタ4枚、ガラスフタ受け4個、センターアーム、ウレタンマットの4点セット付き。

ノンフレームなのでシンプルで洗練された水槽周りを実現できます。

まとめ:アロワナの成長を考えて120cmの水槽、さらに奥行きのあるものがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です