【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

【就活】やりたい仕事がない大学生は無理して見つける必要ないでしょ

就活だけど...

この仕事がしたい!

こんなことがしたい!

と言えるような明確なことがない。

 

でも、就活では何かやりたいことを作らないと。
(面接でも聞かれるだろうし)

やりたいことは無理矢理にでも作った方がいいのかな。

 

もし、やりたいことを作るならどんな方法がある?

 

就活に直面した時ほとんどの人がこの悩みを抱えると思います。

 

もちろん、明確にやりたいことがある学生もいますが、やりたい仕事がない大学生の方が多いでしょう。

結論から言うと、就活だからと言って無理にやりたいことを作る必要もないですし、やりたいことなんてなくても大丈夫です。

 

等身大の就活をすればいいだけです。

キャリアチケット口コミ

これはキャリアチケットという就活相談を利用して悩みを解決した方の口コミです。

就活のプロに相談して解決するという方法もあるので参考にして見てだくさい。

>>就活相談のキャリアチケットはこちら

「やりたい仕事がなくて悩んでいる」

「就活のために、とりあえず無理矢理やりたい仕事を作ろうとしている」

「やりたい仕事を見つけるのってなんか疲れる」

そのような人はこの記事を是非参考にしてみてください。

やりたい仕事ある就活生なんて少数派

やりたい仕事がある就活生なんて本当に少数です。

周りの就活生の志望企業や業界を見ればわかりますが、みんなバラバラです。

やりたいことベースで志望企業を決めている人はほぼいません。

 

もちろんESや面接、友人の前ではそれっぽく答えますがそのような人も実際は曖昧です。

やりたい仕事を宣言することで、意識がそこ集中し、実現に近ずいていくということはあります。

でも、自分の本当の理想と違うところを宣言してしまえば、後々きつくるのは想像がつくかと。

ほとんどの人は「なんとなく」で就職している

多くの就活生がやりたい仕事なんてほぼないと言いましたが、これはすでに働いている人に聞いても一緒です。

ほとんどの人が、何となく内定をもらった会社でなんとなく働いています。

 

それが悪いとか良いということではなく、実際にやりたい仕事が見つかっていない人の方が多数派だということです。

みんなやりたいことはないけど、生活はしていかないといけません。

生活するためであったり、正社員になるため、安定するために何となくで就職していきます。

 

日本では、大学卒業後に就職しない人はかなり少ないので、その流れもあるでしょう。

就職する人全員が全員やりたい仕事があって就職するわけじゃありません。

 

やりたいとは思ってないけど、テレビとかで聞いたことある安定してそうな企業にエントリーして、面接受けて、ダメならまた次。

この繰り返しです。

 

ちなみに、明治の競争倍率は2750倍らしいです。

そのほかにも大手の商社などは倍率が300倍〜500倍ほどです。

この倍率を勝ち抜いて入社したとして、入社後自分がつける部署や職種はわからない人がほとんどです。

 

てことはですよ。

入社後自分がつく部署が確定されてもないのに、その企業を選ぶということは「何となく」意外ないんですよね。

「大手で安定してそう」

「給料とか待遇が良さそう」

そのイメージで志望するんです。

 

もし◯◯という仕事をどうしてもやりたい!って思う人であれば、500倍とかを通ってどんな部署に着くかわからない企業を選択すると思いますか?

絶対しないですよね。

 

どうしてもやりたいことがある人は、それを実現できそうな企業を選びます。

このように見てもわかる通り、ほとんどの人はやりたいことなんて見つかっていません。

やってもないのに、やりたい仕事が見つかるはずない

そもそも、実際にやったことがないことの中からやりたいことを探すのは不可能です。

いろんな情報を集めて実際にイメージする力がなければ、経験のないことが自分に向いていることなのか判断はできません。

 

でも、就活生の多くは可能だと思っています。

やってもいないことから、やりたいことを見つけ、そのことにしっかりと理由を求められる。

その理由は面接でそれっぽく答える必要があるし、ESにも書かなければいけない。

そんな器用なことはなかなか難しいです。

 

やりたいことは実際に経験してみて初めて「あ、これ自分にあってるかも」「この仕事しているとき苦じゃない」と思えるはずです。

大学生は、職業の経験がほぼバイトしかないです。

今まで、営業の経験もないし、企画の経験だってない、実際にバイト以外でお金を稼いだことすらありません。

 

流石にその状態で自分のやりたい仕事はこれです。と明確に言えるのは逆におかしい。

あったとしても根拠は薄い。

だからこそ、一生懸命自己分析して面接練習して入社した企業もすぐに辞める人が多いのかもしれません。

やりたい仕事をみつけようとする理由

では、ほとんどの場合見つかるはずもない「やりたい仕事」を見つけようとしてしまう原因はなんなんでしょうか?

内定につながる志望理由を考えるため

やりたい仕事があれば就活の軸になることは間違いありません。

自分はこれがやりたいこと決まれば、企業を明確に絞れますし、志望理由にも説得力が出てきます。

だからこそ、多くの就活生はやりたい仕事を見つけようとします。

 

やりたい仕事を決めて説得力のある志望理由を考えることができれば内定につながります。

それに、業界を絞っていく理由にもなります。

なので、やりたい仕事を見つけようと頑張る学生が多いのでしょう。

面接で聞かれた時の対策

面接で聞かれたとき、やりたい仕事がある学生は、将来について考えているという印象を与えることができます。

就活はとにかく内定を取らないことには始まらないのでそこは仕方ないでしょう。

ただ、面接のために用意した自分のやりたいことはその後の自分を苦しめる可能性があります。

やりたいことがある人の方がかっこいい

周りの目を気にしていることもあります。

やはり自分のやりたい仕事を明確に言える人は、カッコ良いですし、印象もいです。

就活の時だけでなく、普段の生活でもそう。

 

将来どんな仕事したいの?」

この質問は大学生がよく聞かれるものです。

この質問をされた時、答えることができなければ「何にも考えてないやつ」という印象になってしまいます。

「まだ決まっていません」「これから色々な経験を積んで考えていこうと思ってます」と自信を持って答えられる学生は少ないかと。

無理矢理やりたい仕事を決めつけるリスク

就活で必要だからといって、無理矢理やりたい仕事を決めてしまったときどんなリスクがあるのか。

内定が取れなくなる

決まってもいないのに、やりたい仕事についてそれっぽいことを言うのは嘘をついているのとほぼ一緒です。

面接官は今まで何百人と面接をしてきているので、それっぽいことを言っても、確実に見抜かれます。

それに、深く質問されればボロが出ますし、面接で嘘をつくと良いことはありません。

自分を見失う

やりたい仕事についてそれっぽいことを言うとことは自分に対しても嘘をつくことになります。

そうなると内定も取りづらくなります。

内定が取れないと自信を失って行き、自分は本当は何がしたいんだ?という原点に結局戻ることになるでしょう。

 

もともと決まってなかったことを建前として言っていただけなので、結局戻ってしまうのは当たり前です。

そんなことを防ぐためにも「何となくそれっぽい理由」でやりたい仕事を決めるのは危険です。

やりたいことより、やりたくないことで仕事を選ぶ

やりたい仕事を見つけるのは、何も経験してない大学生の状態だとかなり難しいです。

でも逆に、やりたいくないことを見つけるの誰にでもできるかと。

 

やりたくないことなら、今まで経験してきたことベースで決めることができます。

それに、やりたい職につけないことより、やりたいくない職についてしまうことの方が辛いでしょう。

なら、最初の段階ではやりたくないことを探し、その仕事を避けるように選んで行けば、やりたい仕事を見つける近道にもなります。

やりたい仕事がないなら就活のプロに相談

「やりたい仕事が見つからない」

「自分が何をしたいのかわからない」

就活においてこう言った悩みはずっとついてきますよね。

 

最悪、内定が決まった後になっても「これでよかったのか」「この企業に決めてしまって良いのか」と付きまとってきます。

そんな悩みを解決するためには就活のプロセスが重要です。

 

現時点でやりたいことが見つかっていなくても就活のプロセスがしっかりしていれば、自信を持った就活ができるはずです。

ただ、初めての就活でそんなプロセスを気にしている余裕なんてないでしょう。

 

そんなときは就活のプロに相談するのが一番です。

これまで多くの就活生の悩みを聞き、解決してきた実績があります。

やりたい仕事がなくて悩んでいる就活生も五万と見てきています。

就活相談のキャリアチケットなら

kayria

  • 人生相談ができる
  • ネットで解決しない悩みをマンツーマンで解決
  • 対面で相談
  • 自分にあった企業をプロ目線で提案

 

キャリアチケットであればこのようなゼロからの就活サポートを完全無料で受けられます。

 

キャリアチケットを使って就活をした人の中にも同じように「やりたい仕事がなかった」就活生がいたようです。

でも、就活相談をしたところ、自分にあった就活ができたと言います。

キャリアチケット口コミ

就活の悩みは客観的に見てもらうことであっさり解決することがあります。

悩んでいるよりまずは相談してみると良いです。

>>就活相談のキャリアチケットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です