【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

【就活生の本音】ワーホリは就活に不利になるのか就活生にインタビュー

・ワーホリ行った後の就活って不利?

・ワーホリについて面接で聞かれたりする?

・ワーホリの経験は履歴書になんて書ける?

こんな疑問は、現役の就活生に聞こう!

と言うことで今回は、ワーホリを経験し、今まさに就活中の村上さんにインタビューをしてきました。

これからワーホリに行くことを考えている人や、就活が始まる人が気になる情報をしっかり聞き出していきます!

まずは簡単な自己紹介

ーー今日はよろしくお願いします。まずは簡単な自己紹介をお願いします。

(村上)わかりました。今、大学4年で学部は経済学部です。4年の5月ということで就活真っ最中です。

ーーそうですよね。就活の方はどうですか?

(村上)結構順調で、ちょうど明日志望企業の最終面接なんです。

ーーそうなんですね、がんばってきてください。早速、ワーホリについてですが、村上さんはどちらの国に、どのくらいの期間行っていたんですか?

(村上)私はオーストラリアのゴールドコーストに約10カ月間行ってました。

ーー大学何年のときにですか?

(村上)大学3年の後期からですね。なので、9月から1年間休学をしてワーホリに行きました。

ワーホリに行くことを決めた理由

オペラハウス

ーー村上さんがワーホリを決めたキッカケを知りたいんですが、何で行こうと思ったんですか?

(村上)実は、私のお姉ちゃんもワーホリを経験していて、もともと少しは興味があったんです。ただ行くことを決めた直接的なキッカケは、ゼミで出来事ですね。

ーーゼミですか?

(村上)貿易について研究するゼミなんですが、ある日、ゼミの先生がフィリピン人の人たち4人くらいをゼミに連れてきたんです。
すごいいい人たちで、仲良くなりたかったんですが、英語が話せなくて、思うように距離が縮まらなかったんです。それがすごく悔しくて、「よし行こうっ」てなりました。

(村上)それと以前から英語は身に付けたいと思ってはいたので、そのモヤモヤもあったと思います。

ワーホリに行く前の就活に対しての不安

寂しさ 留学

ーーワーホリは一般的に「ホリデー」のイメージが強いので、「就活には不利だ」なんて言われていますけど、行く前就活への不安はありませんでしたか?

(村上)正直、ワーホリに行った後の就活に対しては不安はありませんでした。
ただ、ゼミの先生から、「1年留学に行っても何もしなければ全く意味ないよ」とは言われていたので、なにかがんばらないとなとは思っていました。

ーー不安はあまりなかったんですね。では、具体的に何をがんばろうと思っていたんですか?

(村上)結構普通な感じで、語学力と自立心は付けたいと思っていました。ずっと実家暮らしなので、生活面で自立できているのかという不安があったんです。

ぶっちゃけ、ワーホリは就活で不利?

クエッションマーク

ーーでは本題なんですが、実際に就活をしていてワーホリが不利になっていると感じていますか?

(村上)私は不利になっていると感じたことはないですね。ただ、これは人によります。私の場合、むしろワーホリに行ってなかったら何をアピールポイントとして持っていたんだろうって感じです。

ーーそうなんですね。では、人によっては不利になる場合もあるということですか?

(村上)あると思います。ワーホリは自由度がものすごく高くて、行った国で何をするかは本人の自由なんですね。
働いてもいいし、学校に通ってもいい、ずっと遊んでてもいいんです。
自由なのがが良さでもあるけど、ワーホリで差が出る理由でもあります。
海外に行ってあっちにいる日本人と生活して遊んでたってことであれば不利になる可能性もあるのかなって思います。

(村上)ワーホリが就活に不利と言われる原因はホリデーと言うイメージからなので、そのイメージとは全く別で、「私はこんなことをがんばりました。」的なことが言えれば不利になることはないはずです。

ーー確かにそうですね。ワーホリの就活への影響はその人次第で大きく変わりそうですね。

(村上)何を目標に生活していくかが大切だと思います。
私の場合はゼミの先生に「日本の企業はTOEICを結構見るから、海外に行くなら点数は持っておいたほうがいいよ」と言われていたので、ワーホリの成果としてTOEICの点数は伸ばしたいと思っていました。

ワーホリは面接で有利

グッド

ーー村上さんの場合、ワーホリは不利になっていないようですが、逆に有利になったと感じた場面はありますか?

(村上)そうですね。面接の時はだいぶ役に立っていますね。

ーーやっぱり聞かれるんですね。どんな質問が多いですか?

(村上)確実に聞かれますね。
「大変だったことは?」とか「なんで行こうと思ったの?」「なんでオーストラリアにしたの?」っていう質問が多いですね。
このとき、しっかり答えられる人はプラスになると思います。

(村上)結構食いついて質問してくれるので、面接を自分のペースに持っていくことができます。
ワーホリについて質問されると「来た来た!」みたいな感じになります。

ーー確かに自分が自身を持って話せる話題ですもんね。あと、履歴書にはワーホリについて書きましたか?

(村上)自己PRの部分に書きますね。学生時代にがんばった事として。ここに書いておけば確実に質問されます。
まぁ書かないでいても、「なんで休学をしたの?」とは聞かれると思うのでそのときに話すこともできます。
面接でワーホリの経験についてどう話すかが、有利になるか不利になるかを大きく左右すると思います。

ワーホリの経験を就活で有利にするには?

留学

ーーワーホリに行こうと考えている人に向けて、ワーホリの経験を就活で有利にするためには具体的に何をすべきだと思いますか?

(村上)まずはなんで行くのか、目標があったほうが良いと思います。
私だったら、英語力を伸ばしたいとか、自立心を身に付けたいというのが目標でした。

(村上)あとは、TOEICとか資格系も有利になると思います。
ただ、TOEICとかは点数も大切なんですが、その資格取得に向けて努力した過程が評価されると思います。それプラス点数といった感じです。点数は800点くらい取れれば、がんばったことの裏づけとして評価が高いと思います。私はTOEICのほかにもケンブリッジ英語の資格も取りました。

ーーなるほど、他にはありますか?

(村上)あとは、大変だったことをどう乗り越えたかって言うことをうまく説明できるようにしておくといいと思います。ワーホリに行けば少なからず苦労することがあるので、その大変なことを乗り越えるのが就活が有利になるポイントだと思います。

ーーワーホリで村上さんが大変だったことって何ですか?

(村上)うーん、、頼れるのが自分だけだったてことですかね。
もちろん親とかに相談はできますが、直接助けてくれるわけじゃないので。資格を取るにしても、生活費を稼ぎながら、勉強をしないといけなかったりとか。

就活でワーホリに行ってよかったと思う瞬間

会議

ーーワーホリに行った経験が面接以外で役に立っているなと感じた場面はありますか?

(村上)グループディスカッションの時は、本当に行ってよかったと感じます。

ーーグループディスカッションのときですか?

(村上)はい、もともと私は人見知りで、初めての場とかに一人で行くと何も喋れなくなっちゃうタイプだったんですけど、ワーホリで他の国の人たちと会話することで、人見知りがかなりよくなったんです。
初対面の外国人と、さらに英語で会話することを経験しておけば、日本語で初対面の人と話すのことはかなりハードルが下がります。

(村上)なので、グループディスカッションの時も結構自分の意見を発言できているんです。
やっぱりグループになると、自分の意見を言うのが苦手そうだなって人がいるんですけど、就活の時そういう人を見ると前の自分を見ているみたいで、ワーホリに行っておいてよかったと思いますね。

(村上)あ、あともう一つあって、私はワーホリに行く前、特に大学生活でこれといってがんばったことがなかったんですね。
もしあのまま就活してたら面接で自分のエピソードをどう話していたんだろうと不安になるくらいで。
でもワーホリに行ったことで、面接で言えるエピソードも増えたし、外国人の友達もできたし、あと英語力も上がったしといいこと尽くめだったんです。

(村上)面接官の人が言ってましたが、今は若者の海外離れみたいのがあるらしく、1年ワーホリに行くだけで結構特徴のある学生になれると思うんです。
なので今迷っている人がいるなら確実に行ってみたほうがいいと思います。

ーーなるほど、実際の経験から語れるエピソードは他の人も興味がありますよね。僕もワーホリを経験しましたが、1年海外生活をしている人は確実に少数派ですね。

ーー質問はこれで終わりです。今日はいろいろ聞かせていただいてありがとうございました!

最後に

ワーホリは就活に不利と言われていますが、村上さんの話を聞く限り不利になる要因は以下のようになります。

・ワーホリの経験を面接でうまく説明できない

 

・ワーホリに行って、特に何もしない

 

・日本人とばかり関わり英語力が全く変わらない

 

・目的意識が全くなくただ過ごしてしまう

逆に就活で有利にするためには以下を意識するといいです。

・英語力を伸ばす、自立心をつけるなどの目的を持つ(何で英語力を付けたいのかなどの理由があるとなお良い)

 

・自分の変えたいところ変えるように意識して過ごす(人見知りなど)

 

・TOEICの点数や資格など目に見える結果を少しでもつくる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です