【就活生必見】最短1週間で内定を獲得する方法

就活が辛い…泣きたい…そんなあなたへ。19卒の僕が伝えたい3つの事

もう、辛すぎる...泣きたい...

就活がうまくいかない、辛くて泣きたい…

自分に自信を持てないし、

何がやりたいのかもわからない。

だけど、フリーターになったら親に申し訳ない気持ちもあるし、自立したい。

そのためには就活を乗り越えないといけいないんだけど、

どうしたらいいだろう…

このページは、泣きたいと思うほど就活に辛さを感じているあなたに向けて書いていきます。

 

どうも、19卒のkakiです。

就活は周りとの競争感が半端ないです。

周りと比較されるし、嫌でも自分と向き合わなければいけない。

なので、精神的にものすごい負担がかかります。

 

今まで経験した事ないくらい将来が不安になり、考え込むでしょう。

「できる事なら逃げ出したい」

そう思う時もあって当然です。

 

ただ、辛いからと言って逃げ出すことはなかなか難しいですよね。

周りの視線や、親の期待もありますし。

「辛いし泣きたい。だけど頑張らないと!」

と思っている人は読んでください。

 

最後まで読んでもらえれば

辛い就活をどう乗り越えればいいのか?

がはっきりとわかります。

就活は精神的に辛いし、泣きたい時もある

「絶好調〜〜〜〜っ」

って就活を終える就活生は1人もいません。

就活生は、遅かれ早かれ全員が悩み、苦しみます。

それが普通です。

 

他の学生と比較され、自分の将来につてい考え、周りからのプレッシャーを受ける。

そんな状況で、「辛いくない、余裕」って人はいません。

なので、辛いのは自分だけじゃないと知っておきましょう。

みんな平気そうに見えるだけで、あなたと同じ悩みを持っています。

 

ただ、その不安や辛さは解消することができます。

辛くて泣きたい感情をプラスに変えていきましょう。

それがこのページの目的です。

ただ、そのためには泣きたいくらい辛くなってしまう原因をはっきりさせておくべきでしょう。

自分のやりたいことがわからずに辛い

将来についてここまで深く考えたのは、おそらく人生で初めての経験だと思います。

今までは、学校に通っていれば親が生活費を出してくれたり、住む家を用意してくれていました。

でも、大学を卒業したら自立しなくてはいけない。

そのためには、しっかり就職して、いい会社に入らないと…!!

と考えますよね?

 

でも、その時に「自分て何がしたいんだ?」「何がやりたくて就職するんだ?」

と言う悩みに直面します。

 

僕は大学2年の時この悩みに直面しました。

当時は、相当悩みましたね。

ただ結局、その時は自分がやりたいことを見つけられませんでした。

でも今思えばそれが当然のことです。

 

だって、やりたいことは経験したものの中からしか見つけられないし、学生の自分が経験してることなんてバイトとかサークル、部活くらい。

社会のことなんて何も知りません。

なので、学生の段階で、自分がやりたいことを明確にするのは難しすぎます。

そう思ったので、僕は考えるのをやめました。

とにかく経験してみようという方にシフトしたんです。

 

今やりたいことがなくても大丈夫。

これから見つかるので、進みながら探していきましょう。

もし、それでも見つけたいなら「仮説」でOKです。

仮説というのは「自分はこれがやりたい”かも”」と思っておくこと。

そして、その仮説を実際に検証してみればいいんです。

まずは経験が大切。

親に迷惑はかけたくない

「辛いし逃げたい。けど、親に迷惑をかけたくない、申し訳ない」

このように悩んでいませんか?

 

就活という壁と、周り(親・知人・友人など)の壁に挟まれている感じです。

 

親はあなたの将来に期待しています。

ただ、就活の時にはそれがプレッシャーになってしまうんですよね。

「大学の高い授業料を出してくれたのに、無名な会社に入ったら…」

「親の期待に答えて、大企業に入りたい」

などと。

この気持ちはかなりわかります。

僕も親孝行したい気持ちが強い方なので。

 

ただ、大企業とか有名企業に入ることが親孝行だと勘違いするのはやめた方がいいです。

それはあたなが勝手に思っているだけで、両親はそんなこと全く思っていないかもしれません。

就活での悩みを減らすためにも、両親とのコミュニケーションは大切です。

頑張ってるのになかなか内定が決まらず辛い

「しっかり準備して、真面目にやってきたのに、内定がなかなか決まらない」

そう悩む人も多いです。

 

就活で悩む人は基本的に真面目な人たちです。

自分の将来をしっかり考えて、

親の期待にも応えようとして。

 

逆に「別に就活とかどうでもいいや〜、適当に受かった会社に入れば」

と思っている人は、悩みません。まぁ結局はあとで不安に襲われることになるんですが。

 

つまり、不安や悩みがあると言うことは、次のステップへ進もうとしている証

ただ、そするとどうなるかと言うと、

「キャパオーバー」になってしまうんです。

 

考えることや判断に迫られることが多すぎて、自分だけでは考えきれなくなってしまう。

そうなれば泣きたいくらい辛くなるのも当然です。

時には人に頼ってみるのもありですよ。

辛いならやめるor休むと言う選択もある

yametemo

「コップの水が溢れる」

これが今のあなたの状況です。

 

そんな時は、一回水をこぼすor止める。という選択もあります。

就活で言えば、「やめる」とか「休む」です。

学生の間は「就活が全て、就活で今後の人生が決まる」と思ってしまいますが、それは間違い。

卒業してから就活を再開する方法もあるし、就活しないで生きていくという方法もあります。

別に、大学を卒業したら、絶対に就職するもの。という訳ではありません。

 

僕もそうですが、僕の周りには新卒で個人で仕事をしている人もいます。

でも、彼らも社会人として普通に生活しています。

何が言いたいのかというと、就活する人が多いだけであって、就活が全てということはありません。

考えてみてください。あなたに失うものありますか?

ushinau

もし、就活がうまく行かなかったとして、今のあなたに失うものってありますか?

結婚して、子どもがいたりすれば、奥さんや子どもに金銭的な迷惑をかけてしまうかもしれない。

でも、まだ結婚もしてなくて、養う人がいない場合、失うものはないと思います。

 

あるとすれば……。

・・・

・・

 

いや、考えてもないですね。

失うものがないって最強なんですよね。

 

だって、これからの行動は全て「得るための行動」になるから。

つまり、あなたにとって就活は、何かを手に入れるために行動ってことです。

頑張ればプラスだけど、頑張らなくてもマイナスにはなりません。

ただ、現状が続くだけです。

結論:今のあなたは最強な状態。

それでも頑張るなら思いっきり泣いて、切り替えよう

soredemo

それでも、何かを得るために頑張りたいなら、一度思いっきり泣いて、サクッと切り替えましょう。

切り替えて、新しい気持ちで就活に挑みましょう!!

 

ただ、こんな綺麗事を言うと

「いや、そんな簡単に切り替えられたら苦労しない」

と思う方もいるかもしれません。

 

確かにそうですね。

簡単に切り替えられたら苦労しませんし、辛くもない。

でもですよ。

じゃ、それなら諦めるんですか?って聞きたいです。

 

正直、今のあなたには2つの選択しかありません。

  1. 泣きたいほど辛いから諦める
  2. 辛いけど、なんとか頑張る

この2つです。

 

まぁ、おそらくこの記事をここまで読んでいる人で「諦める選択」をする人はいないでしょう。

そうなれば、辛いけど頑張るしかないんですよね。

そして、そう決断した後に、大切なのが

「じゃー、どう頑張るのか?」

ってことです。

 

今までの就活のスタイルを続けていても、さらに辛さが増すだけです。

 

なので、改善できる部分は改善しながら進む必要があります。

その辺りを含めて、泣きたいほど辛い就活になってしまっているあなたに僕から伝えたいことを3つ紹介します。

就活で疲れてしまうあなたへ伝えたいこと

tutaietai

僕から伝えたいことは

  1. 人と比べる就活はやめよう
  2. 内定がないまま卒業しても大したことない
  3. これからは1人で頑張らなくていい

この3つです。

1:人と比べる就活はやめよう

人と比べるのは疲れるだけです。

「あいつは、リク◯ートから内定もらった」

「あいつは、総合商社の内定をもらった」

「あいつは、3つも内定もらってる」

それに比べて自分は…

はっきり言って無意味ですね。

 

企業にアピールする強みとかは他の就活生と比べて、自分にしかないものを見つける必要はありますが、

結果を比較しても何もいいことはありません。

就活で大切なのは、自分が納得した就活をできるかどうか、です。

 

それに、人はあなたのことを気にしてないので、あなたがどこに就職しようが、内定がまだなかろうが、そこまで気にしてないんです。

みんな自分のことで精一杯。

それなのに、人と比べていたら、自分を自分で殴っているようなものです。

人と比べる就活はやめましょう。

2:内定がないまま卒業しても大したことない

内定がないまま卒業したら落ちこぼれだとか、人生終わりだ。

と思う必要はありません。

 

内定が出ないのは、あなたに合った企業にまだ出会ってない。ただそれだけです。

卒業した後に出会う可能性だってあるわけです。

今は、既卒の人をサポートする就活サービスもたくさんありますし、

卒業後に就活するからこそ出会える企業もあります。

 

それに、さっきも言った通り、うまく行かなくてもマイナスにはならないので心配いりません。

3:これからは就活を1人で頑張らなくてもいい

就活は1人で頑張るものだと勘違いしている就活生が多いです。

でも、それだとキャパオーバーになる可能性が高い。

自分のやりたいことを探したり、面接対策をしたり、志望動機を考えたり、ESを確認したり。

これだと精神的にも追い込まれて当然

 

なので、他の人に頼れるところはどんどんた頼った方が特です。

それの方が重要な部分に力を注げ、結果内定にも近づきます。

もし、周りに頼りになる人がいないなら就活アドバイザーを利用しましょう。

彼らは、就活のプロなので、必ず力になってくれます。

相談できる相手がいれば辛さは半減される

turasa

不安や、悩み、辛さは人に話すだけで楽になります。

これは就活に限らずです。

話を聞いてもらうだけでかなり気持ちが楽になるでしょう。

親でも友人でも。

 

ただ、就活の場合は、聞いてもらうだけではなく、解決策をアドバイスしてもらった方がいい結果に繋がります。

そこで使うべきが就活生の3人に1人が使っている就活エージェントneoという就活相談です。

多くの就活生が利用しているので、まだの人は急ぎましょう。

僕の友人は、就活出遅れ組でしたが就活エージェントneoを使って1週間という短期間で内定をもらっていました。

やはり、就活生とは持ってる情報量や経験が違うので、就活をうまく進めるためにコツを知ってるんですね。

 

悩み相談の他にも、

  • 業界研究のサポート
  • あなたにあった企業の提案
  • ES,面接対策サポート
  • 人生相談
  • 就活に対する全ての不安の解消
  • 出遅れた就活生のサポート

など、全てを無料でサポートしてくれます。

1人で頑張る就活は終わりにして、プロを頼りつつ、納得のいく就活にしましょう。

\ 全てサポートが無料 /

就活相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です