【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

就活相談できない学生が今すぐ相手を探せ内定に近く方法

就活相談したい...

就活相談したいけど、できる人がいない。

1人で就活をするのは孤独で不安。

 

就活相談をできる人がいないなら1人で就活をしていくしかないの?

とにかく相談できる人が欲しい。

この記事はこの不安を解決します。

 

結論から言うと、身近に就活相談ができる人がいないのであれば就活アドバイザーを利用するべきです。

面接対策、ES添削、あなたにあった企業の提案など、

就活を一からマンツーマンでサポートしてくれます。

 

面接対策やES添削も、さらには人生相談まであらゆることを無料で相談できます。

実際使っている大学生も多いですし、アドバイザーに就活相談をすることで通常より早く内定がでる人もいます。

 

1人で悩む必要は全くないので、無料で相談してみましょう。

就活は孤独…

就活って孤独ですよね。

自分自身と向き合い自己分析。

短所と長所を分析してESに記入する。

面接に向かうのも1人。

孤独との戦いです。

 

まぁ自分の進路を決めるので、人それぞれ違うのは当たり前で、行動も自然と1人になってきます。

たまに大学に行って友人と「就活どう?」みたいな話をすることくらいはありますが、就活中は1人で行動することが多くなります。

 

みんな自分のことで精一杯で、人のことに干渉している場合ではないんです。

早く内定が取れる人もいれば、なかなか内定が取れずに苦しむ人もいます。

早期に内定が決まれば余裕も出て、友人の就活相談に乗る余裕が出るかもしれませんが、それまでは完全に個人戦です。

1人で就活するデメリット

就活くらいは1人で頑張って内定を勝ち取ったほうがいいと言う人もいますが、別に1人で頑張る必要はありません。

それに1人で就活をするデメリットも結構あるんです。

詳細な情報が集めにくい

1人で就活をすると言うことは、1人で全ての情報を集める必要があります。

業界について、面接対策について、ESの書き方、優良企業の探し方など。

 

就活で必要とされる情報はかなり多いので、1人で全てを集めようとするとなかなかしんどいです。

就活中の情報が少なければ、ブラック企業に入ってしまう可能性もありますし、入社してみたら想像と全く違ったなんてことも起こり得ます。

 

だからと言って、友人から就活情報を集めようとしてもいい情報は入ってきません。

なぜなら、就活中は周りの学生が全てライバルになるわけですし、有力な情報を手に入れた者勝ちです。

調べられる企業に限りがある

自分1人で調べられる企業には限りがあります。

調べられる企業が少ないと言うことは、選択肢が限られてしまうと言うこと。

選択肢が狭まるとどんなデメリットがあるのか。

 

それは自分が働いてみたいと思える企業に出会える可能性が低くなると言うことです。

シンプルに考えて、多くの企業を調べて選択肢を持って入れば、それだけ自分にあった企業が見つかる可能性も高くなります。

 

知っている企業が少ないと「後悔の残る就活」になってしまうかもしれません。

後からもっと幅広い業界を調べて、自分にあった企業を見つければよかったと後悔しないようにしましょう。

メンタル的にきつくて妥協してしまう

1人での就活はメンタル的にきついです。

実際に就活している人が一番感じていると思いますが、相談できる相手がいないと全てを自分の責任で背負いこむしかなくなってしまうんです。

 

2,3ヶ月と長期間孤独になるとかなりしんどいはずです。

安定したメンタルを維持できなければ、面接なども投げやりになり、とにかく入れる企業ならどこでもいいやという考えになることもあります。

 

メンタルを安定した状態に保つことができるからこそ、後悔のない就活ができます。

就活相談ができる人がいるメリット

就活は基本的には孤独ですが、相談できる人は必ず必要になります。

就活相談できる人がいるメリットを挙げていきましょう。

安定したメンタルを保つことができる

デメリットの逆ですが、相談できる相手がいることで安定したメンタルを保つことができます。

自分1人で抱え込む必要もなくなりますし、ちょっと相談できるだけで気が楽になります。

 

安定したメンタルを維持することで、面接にもいい影響が出ましす、自分が納得できる企業を見つけるエネルギーにもなるでしょう。

しかし友人に相談するのはやめたほうが良いです。

就活中は仲のいい友人であっても話にくいのが現実です。

人それぞれ就活の進み具合が違いますし、友人が就活に苦戦してたらなおさらです。

面接対策やESを相談できる

就活について相談できる人+面接対策などをしてくれる人がいるのが理想です。

確かに、本やネットから面接やESの情報は得ることができますが、どうしても全て受け身になってしまいます。

 

就活で大切なのが、自分をどう表現できるかとう言う部分です。

自分の表現の仕方が下手だと、どんなにいい経験をしていても面接官や企業に伝えることができません。

 

自分の良さを面接などでしっかり伝えるためには、アウトプットできる対策が必要です。

1人でやることもできますが、それは本番の環境とはかけ離れたものです。

できれば、本番と近い環境で対策できる環境がベストでしょう。

企業について幅広い情報を集められる

相談できる人が入れば、「あの企業はどんな感じ?」「この業界は?」

などと1人では集まらないような情報を人と分け合いながら集めることができます。

 

デメリットの部分でも話しましたが、情報が多いと選ぶ企業の選択肢が増えます。

選択肢が増えることで、自分が納得できる就活ができます。

気軽に相談できる人を見つけて幅広い情報を集めることが就活においてかなり重要です。

就活について相談できそうな人

身近な人で就活を相談できるのは

  • 友人
  • ゼミの先輩・教授
  • 家族
  • キャリアセンター

などでしょう。

 

同じ学年の人よりも、すでに就職している人や、一個上の先輩などがいいでしょう。

先ほども言いましたが、同じ時期に就職している学生は自分のことで精一杯なので相談相手としては微妙です。

 

それならまだ家族とかに相談するのがいいかもしれません。

でも、親に相談してもなかなか参考にならないことばかり。

なんなら煽られてマイナスな影響がでる可能性もあります。

 

この中で有力なのはゼミの教授とキャリアセンターの人かもしれません。

就活についての不安や悩みに的確にアドバイスはもらえない

ただちょっと考えて欲しいのが家族やゼミの教授が的確なアドバイスを送ってくれるとは限りません。

就活を経験しているとは言え、前時代の就活です。

 

求められている人材も違えば、就活の方法も変わっています。

それに、知っている企業も限られているので、偏ったアドバイスになってしまうでしょう。

そこを考慮すると、相談するメリットが得られる可能性は低いです。

孤独な就活を抜け出すにはキャリアチケット

はじめにも紹介しましたが、孤独な就活を抜け出すには「キャリアチケット」を利用するべきです。

相談できる相手がいないとメンタルを保つもの難しいですし、面接対策やES対策をするのも難しいです。

kayria

キャリアチケットを利用して就活アドバイザーにマンツーマン相談をすることで、問題は解決されまうす。

  • 面接対策・ES対策
  • 幅広い業種からの企業提案
  • 人生相談
  • キャリア相談

 

キャリアチケットではこのようなサポートがマンツーマンで受けられます。

「1人で就活するのが不安」

「周りに就活相談できる人がいない」

「自分にあった企業が見つかっていない」

そのような人にキャリアチケットはおすすめです。

 

キャリアチケットを利用することで、本番に近い環境で面接対策ができます。

就活のプロに相談することで効率の良い就活ができ、早期内定につなげられます。

 

1人で孤独な就活をしている人は、相談をしてみましょう。

>>就活相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です