【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

就活情報をネット中心で集めるのは危険。優良企業にたどり着く方法

  • 就活情報をネット中心で集めるのってどうなの?
  • ネットで就活情報集めるとき、いい方法ある?
  • 逆にネット以外から情報を集めるには?

この記事はこのような疑問を持った就活生に向けて書いてあります。

 

就活は情報戦といって良いくらい情報が重要です。

企業の内定率や、基本情報はもちろん、働いている人の苦労や、やりがい、同じ就活生はどんな悩みを持っているのかなど。

 

これらの情報をしっかり知った上で、

どの企業を選ぶべきなのか。

どんな業界にするべきなのか。

と言ったことろがはっきりと定まります。

 

ただ、そのような情報を得ようとしても、どっから見つけ出せば良いのか?と言う疑問があります。

なので今回は「ネット、リアル共に何を使って就活情報を集めていけば良いのか」と言う部分に注目して行きます。

 

就活の情報集めに苦しんでいる人は参考にしてみてください。

ネットに依存して情報を集めるべきではない

頭抱える

まず、最初に伝えておきたいのが就活情報はネットのみで集めるべきでないと言うことです。

なぜなら、ネットで集められる情報は限られるからです。

 

今は個人のブログや、情報サイトが多いのでどんな情報もネットのみで収集可能だと思う人もいるかもしれません。

しかし、就活で大切な情報はネットに書かれていないことが多いです。

 

ネット上ではどんな情報が集めづらいのかは後述してあります。

やはり実際に正しい就活情報を集めようとするのであれば、ネット+リアルを合わせる必要があります。

 

情報が不足した状態で就活を進めてしまえば、「もっとしっかり調べておけばよかった」など、入社してから後悔することになりかねません。

そうならないように、就活ではしっかり情報を集めることが重要です。

ネットで集まる就活情報

ネットだけで情報を集めるのは、「後悔する就活」になってしまう可能性があると言いましたが、

逆にネットで集められる情報くらいは、しっかり集めておかなければ就活を進めることもできません。

 

では、どんな情報はネットで集められるんでしょうか。

企業の基本情報

基本情報は、企業のホームページやマイナビなどの就活サイトで調べれば出てきます。

どのくらいの社員数であるとか、その企業に務める人の年収はいくらくらいなのかなど。

これらの情報は必ず知っておくべきです。

知らなければ、企業を選ぶことはできないと思います。

企業のアピールポイント

企業のアピールポイントもネットで集められますね。

企業側としても、自社の強みなどはホームページに大きく記載しているわけです。

企業が多くの人の知って欲しい情報は、ネットで簡単に見つけられます。

逆に言うと、企業があまり知って欲しくない情報は見つかりにくいです。

就活生としては、そこを知りたいですよね。

就活の悩み

就活の時期になれば、多くの学生が悩みます。

どんな企業にするべきなのか。

どんな企業が自分にあっているのか。

など様々な悩みがあるはずです。

でも、そんな時もネットで十分解決できます。

いろんな悩みがあると言っても、就活での悩みは毎年一緒です。

そのような悩みを解決してくれている記事は探せば必ず見つかります。

面接対策などの方法

面接対策やES対策の情報もネットで十分対応できます。

もちろん本などにも詳しく書かれていますが、ネットに書いてあることを実践することができればそれで安心です。

ただ、面接対策やES対策で肝心なのが、実践をすること。

対策情報だけを知っても、実践で使えなければ意味がないので実際に練習する場を作りましょう。

おすすめとしては、就活サポートを使うことです。

ネット中心に就活情報を集める方法

ネットを中心に情報を集める場合は以下の方法があります。

ネット掲示板を利用する

就活生が情報を書き合っているネット掲示板を使う方法です。

掲示板には就活の本音が書かれていたり、裏情報が書かれていたりするので結構役にたちます。

検索しても出てこな時は掲示板から探してみてください。

就活アプリを活用する

掲示板に似てますが、アプリは、就活情報のSNSみたいな感じです。

Twitterなどでも情報をキャッチできますが、就活に特化しているわけではないので、集めづらいと言うデメリットがあります。

就活情報に特化したアプリであれば、情報を探し出す手間が省けます。

就活情報をまとめたようなアプリはいろいろありますが、おすすめなのはワンキャリアです。

ワンキャリア 就活対策アプリ

ワンキャリア 就活対策アプリ

ONE CAREER Inc.無料posted withアプリーチ

 

ネットではわからないリアルな就活情報とは?

ネットで集めることが難しいけど、就活生が一番知りたいリアルな情報。

多くの就活生が知りたいと思っているけど、なかなかたどり着けない情報にはどんなものがあるでしょうか。

働いている人のやりがい

働いている人のやりがい。

その企業に勤めている人はどんな部分にやりがいを感じているのかと言う情報です。

まだバイトくらいしか仕事経験がない学生にとって、すでに働いている人の声はとても貴重です。

 

働いている人のやりがいを知ることで、自分がイメージしていたものとのギャップがわかります。

企業選びにおいてもかなり重要な情報でしょう。

1日どんな業務をして過ごすのか

その業界・企業に務める人は一日どんなスケジュールで動いているのかとう言う情報。

たまにネットにも載っていることがありますが、大雑把過ぎたりしてなかなかイメージが掴めないですよね。

残業はどのくらいあるのかだったり、休憩はしっかり取れるのかなど。

働いていく上で1日の流れはかなり重要です。

職場の人間関係

職場の人間関係もネットでは集められません。

会社や部門によって違いますし、それは実際に働いている人にしかわからない情報です。

「入社してみたら、飲み会が毎日のようにある」などの悲劇も避けられます。

 

実際、僕が聞いた証券会社の営業部門はほぼ毎日飲み会があるそうです。

企業のホームページにそんなことはまず書かれていないですよね。

でも、これから入社する企業を決める就活生にとっては重要な情報です。

リアルで就職情報を集める方法

やはりネットでの情報より確実に濃い情報が集められるのがリアルに会った人から得る情報です。

本当に知りたい情報が集められるかで就活は大きく変わってきますし、入社した後の生活にも影響してきます。

 

そんな情報を集めるにはどんな方法があるのか?

OB訪問

就活する時は間違いなくOB訪問をしておくべきです。

先ほど言った、1日の流れや職場の人間関係などの情報を集めることができます。

やはり実際に働いている人からの話が一番信頼性がありますし、リアルです。

どんな業界にするのかと言う判断をする時にも、OBの話はかなり役にたちます。

就活アドバイザーに相談

就活アドバイザーとは、就活を一からサポートしてくれる人のことです。

面接対策やES対策をしてくれたり、企業選び手伝ってくれます。

企業間同士のつながりで、ネットには書いてない情報を教えてくれるでしょう。

 

冒頭で就活は情報戦と言いました。

多くの学生が就活する時に利用している就活アドバイザーを使わないのは、他の学生に情報戦で劣ってしまうことになります。

とにかく、多くの手段を使って情報を集めて行きましょう。

リアルな情報を集める時に使えるツール

OB訪問の「ビズリーチキャンパス」

bizreach

OB訪問をするならビスリーチキャンパスがおすすめです。

登録している社会人の方も、何か就活生の役に立とうと言ったモチベーションの人が多く、丁寧に対応してくれるでしょう。

登録無料なのでぜひ使ってみてください。

>>OB訪問のビズリーチ・キャンパスはこちら

ただ、一点注意があり、登録できる大学が限られています。

もし、自分が所属する大学が該当してなければ違うサービスを使う必要があります。

そんな時はスカウト型就活の「ニクリーチ」です。

プロフィールを登録して待っているだけで企業からスカウトが届きます。

>>スカウト型就活ニクリーチはこちら

就活アドバイザー「キャリアチケット」

kayria

就活アドバイザーに相談するなら「キャリアチケット」がおすすめです。

面接対策、ES対策、自分にあった企業提案など就活に関する全てを無料でサポートしてくれます。

就活に対しても不安はキャリアチケットで解消できます。

>>キャリアチケットで就活のプロに相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です