【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

経験者おすすめ!留学前にやること19選を時間軸でまとめて紹介

「留学に行くことは決まったけど、、、」

「留学までに何をしたらいいのかわからない」

「どんな準備をすればいいの?」

 

今回はこの疑問を解決するために、留学前にやることを、1年前・半年前・3カ月前・1カ月前・1週間前とわかりやすくまとめていきます!

 

留学前は、ワクワクもありますが、不安もあると思います。

僕も留学を経験しましたが、やはり留学前は不安でした。

その不安を少しでも解決するために、留学前にやることをはっきりさせ、万全の準備をしましょう。

では始めます!

留学1年前にやること

英単語の暗記

つまらない 勉強

僕が留学に行って後悔したのは、留学前にもっと単語を勉強しておけば良かったということです。

海外に行けば、言い回しや文法などは自然とわかってきます。

ですが単語を知らないと、文法や言い回しが身につくのが圧倒的に遅くなります。

単語力があるとスピーキング力が身につき易いです。

文法とかはいいので、まずは単語力を意識して勉強しておきましょう。

留学の目的を決める

寂しさ 留学

多くの人が目的をもって留学するとは思いますが、もしまだ決まってないようであれば早めに目的、あるいは留学での目標を決めたほうが良いです。

目的があることでモチベーションの維持にもつながりますし、留学のつらい時期を乗り越える原動力になります。

まだ目的がはっきりしていない場合はみんながどんな目的を持って留学に行くのか参考にして見てください。

留学で使う費用のためにバイト

バイトを始める

留学には、航空券、学費、生活費など多くのお金が必要になります。

すでに計画を立てて貯めている人はいいですが、まだの人はなるべく早く留学費を貯めとくべきです。

というのも、留学に行けば現地で旅行をしたりイベントに参加したりと思っていたよりお金がかかるものなんです。

イベントなどに参加することも留学先の文化を知るために重要なことです。

帰国後のためにバイト

留学中の費用のためにバイトする人は多いですが、帰国後のためにお金を貯めている人は少ないと思います。

留学前に貯めたお金を留学中に使い切れば、帰国後、自由になるお金が全くない状態になってしまいます。

帰国後すぐにバイトなど始められれば良いですが、環境も変化してなかなかすぐには難しいと思います。

なので帰国後の事も考えてお金を貯めておくと良いかもしれません。

短期でガッツリ!
高時給バイトの求人はコチラ

留学半年前にやること

留学先の下調べ

検索

留学先の下調べというのは、現地の治安情報や、気候大まかな文化についてです

留学先を決める時点で、調べている人も多いとは思いますが、念のため確認しておきましょう。

留学前に一度旅行で行ってみるのもありです。

身の回りのことは自分でやっておく

今までは全て親に任せっきりだった人も、留学先に行けば何とかできるようになります。

ただ、何も知らないと苦労するのは確実です。

洗濯や料理、お金の管理などできることから始めていきましょう。

パスポートの有効期限を確認

パスポート

直前になって不安になるのがこのパスポートの期限です。

出発の時期は有効期限内でも、帰ってくるときには切れてしまう可能性もあります。

もう一度確認しておきましょう。

半年前であれば余裕を持って更新できます。

留学3カ月前にやること

ビザの取得

ビザは国、期間によって種類はそれぞれですが、なければ留学はできません。

留学先の国ではどんなビザが必要なのかどのようにして取得するのか早めに調らべておきましょう。

ここでは3カ月前としましたが、6カ月前など余裕を持っておくことに越したことはありません。

航空券の予約

空港

航空券を取る上で一番安く済むのが出発の3カ月前と言われています。

出発日が確実に決まっているのであれば3カ月前に取るのが良いでしょう。

ちなみに、おすすめの航空券予約サイトはスカイスキャナーです。

一番安い日がカレンダーで一目瞭然です。

クレジットカードの発行

クレカ

留学費用を全て現金で持っていく人はいないと思います。

現金で持って行くのはリスクが高いのでやめておきましょう。

いくら安全と言われている国であっても、万が一があります。

留学でおすすめのクレジットカードはVisaです。

どの留学先に行ってもほとんどの国でVisaは対応しています。

デビットカードの発行

クレジットカードと同じじゃないの?と言う人もいるかもしれませんが違います。

クレジットカードは使った分の請求が翌月の支払日まではきませんが、デビットカードは使ったその時点で支払いが行われます。

デビットカードを使う時に口座に残高がなければ、支払いはできません。

そのため使いすぎ防止にもつながるので、クレジットカードより安心して使えます。

リスク分散のためにもクレカとデビットカード両方持っていくのがおすすめです。

留学1カ月前にやること

保険に入る

保険

留学はもちろん異国に行くわけで、日本とは違います。

事故、盗難、病気などに巻き込まれることもあるので、保険は入っておきましょう。

特に食や気候の違う海外では病気にかかるリスクも増加します。

必要な注射を打つ

留学を充実させるためには健康が一番重要です。

そのためにもできる予防はしておきましょう。

僕はフィリピン留学をしたことがあるんですが、そのときはA型肝炎、B型肝炎、狂犬病と3本の注射を打ちました。

欧米留学の場合はそこまで心配ありませんが、途上国に行く人は念のため注射しておくと安心でしょう。

家族と過ごす

当たり前ですが、現地に行ってしまえばしばらく家族とも会えません。

あなたは留学が楽しみかもしれませんが、親は不安ですし、寂しい気持ちもあるはずです。

留学前はなるべく一緒にいる時間を作りましょう。

現地の治安確認

グッド

留学半年前にやることとして、現地の治安を確認するようにと書きましたが、状況は変化します。

なので、現地の治安情報は常に把握し、もし危険な状態になってしまっている場合は考え直す必要があるでしょう。

僕がフィリピン留学に行った時は、行く1カ月前に寮近くで銃撃事件があったようです。

その影響で当時留学が決まっていた人も半分がキャンセルしたと言います。

このようなこともあるので治安は必ずチェックしておきましょう。

パスポートのコピー

現地で何かと必要になるのがパスポートのコピーです。

学校の手続きの際や、パスポートを無くしてしまったときにも役に立ちます。

わかりやすい英語の参考書を買う

現地でも英語の教科書や参考書は買えますが、日本語で説明されている参考書のほうがわかりやすいです。

英語解説のものと日本語解説のものをあわせて使うと理解も早いなります。

参考書は自分の使いなれているのもでいいですが、おすすめはフォレストです。

基本から応用まで幅広く対応できます。

留学1週間前にやること

心構え

外出 

いよいよ1週間前になったら、あとは心構えをして、出発日がくるのを待ちましょう。

しばらく会えなくなる友人や家族へ思いを伝えるために手紙を書くのも良いでしょう。

荷物の準備

気持ちの準備と平行して、荷物の準備も行います。

忘れものがあっても大体のものは現地でも調達できるのですが、パスポート・クレジットカード・デビットカードなど重要なものだけは確実に持って行きましょう。

最後に

充実した留学にするためには良い準備が必要です。

行ってから後悔しないためにも留学前にやることをしっかりやっておきましょう。

僕が後悔したのは、単語力です。

留学前にもっと単語を勉強しておけば、、、

是非参考にしてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です