みんなの留学の目的18選!留学を考えている人は参考にしてみて

「留学行きたいけど明確な目標がない」

「みんなどんなことを目的にしてるの?」

「どんな目的があった方がいいの?」

この記事はそんな悩みをもった人に向けて書いてあります。

僕も留学を経験していますが、目的はあった方がいいと言い切れます。

楽しいことも多いけど、つらいこともあり、そのつらいときを乗り越えるために目的は必要なんです。

もし、今留学にいく目的がない人はこの18選を見て自分に近いものを探して見てください。

どうしても目的が見つからない人のために、僕がおすすめする留学の目的を最後に書いときました!

では始めます。

留学の目的18選

留学に行く人はどんな目的を持っているのか。

僕の経験と留学中に出会った人を参考に書いていきます。

1英語を勉強したい

やはり留学の目的と言えば語学ですよね。

留学に行く前から英語ができる人であれば、英語を使って勉強することを目標にもできますが、そうでない人はまず英語を勉強することが目的になりそうですね。

2就活を有利にしたい

就活を視野に入れて留学を決める人も多いと思います。

今は、社内の公用語が英語なんていう企業もあります。

語学ができれば面接の時、1つのアピールポイントとして使えるでしょう。さらに海外経験があるということも評価に繋がります。

3英語へのコンプレックスをなくしたい

英語の成績がいつも悪くてそれがコンプレックスの人もいます。僕も実際そうでした。

けど、これから先英語くらい話せないと不安だと思い留学を決めました。

4英語を話してモテたい

外国人に突然話しかけられて、サラッと英語が出てきたら確かにかっこいいかもしれません。

英語をできるようになりたい裏にはモテたいという理由もありですね。

5英語関連の資格を取りたい

資格を目的に留学に行く人も多いです。

日本で英語の資格はTOEICをイメージする人が多いと思いますが、海外ではTOEFLやIELTS、ケンブリッジ英語などがスタンダードとなっています。

6海外で生活してみたい

単純に海外生活をしてみたいという憧れですね。

日本ではアメリカに対しての憧れが強い人が多い気がします。確かにおしゃれでかっこいいイメージがあります。ただ、この目的の場合は留学の前にその国に旅行として行ってみると良いでしょう。

7将来海外に住みない

将来は海外で過ごしたいから、その国について詳しくなりたい。

もちろん語学力を伸ばす目的もあるはずです。

8英語の教師になりたい

既に学んだ英語をどう活かしたいのか決まっている場合は強い目的になるでしょう。

ここまではっきりした目標があると、留学にも踏み出しやすいですね。

9価値観を広げたい

留学にいけば間違いなく価値観が広がります。

なぜなら日本にいたら出会えない考えを持った人や、日本では見られない光景を目にすることになるからです。

10自立したい

今まで一人暮らしをしたことがない人や、いつも親に頼ってしまう人は留学をキッカケに自立できるはずです。

留学に行けば最終的に頼れるのは自分しかいません。

11外国人の恋人を作りたい

日本にいたら外国人と接する機会なんてほとんどないですよね。あったとしても道を聞かれるか、英語の授業の先生くらい。

留学に行けばクラスには日本人のほうが少なくなります。その環境にいれば外国人の恋人ができる可能性も高まります。

12専門分野の先進国で学びたい

既に語学はある程度できる人であればここを目標にしたほうが良いでしょう。

ITや医療、介護、スポーツなどそれぞれの国によって発展しているものが異なります。

最先端の知識を入れることで、自分の成長に大きく役立つでしょう。

13他の国の文化を知りたい

日本は島国なので他国の文化が入って来づらいです。

他国の文化を学ぶにはやはり、現地に行ってみることが重要です。日本の常識が海外では通用しないことがわかるでしょう。

14翻訳前の映画を見られるようになりたい

日本語とその他の言語では表現の仕方が異なります。例えば日本語の「懐かしい」は英語で直訳できる表現はありません。

映画やドラマなど日本語と英語では表現がだいぶ違うこともあるので翻訳前を見ることで違う感じ方もできるでしょう。

15自信をつけたい

英語ができない状態から話せるようになるという1つの成功体験を積むことで自分に自信が持てるようになります。

僕も全く英語が話せないところから留学を経て外国人と会話ができるようになったことで大きな自信をつけることができました。

16海外に友達を作りたい

日本いるとなかなか日本人以外の友達はできないと思います。

留学に行くとさまざまな国から同年代の人が集まっているので、世界中に友達を作ることができます。

海外旅行に行ったとき留学でできた友達に旅行先の国を案内してもらえるようになります。

17海外旅行で英語を使えるようになりたい

海外旅行に行っても全く英語が話せないと、楽しみ方も限られてきます。

英語ができるようになれば旅行先でトラブルに巻き込まれる可能性も減るし、もしトラブルがあっても落ち着いて対処できるでしょう。

18英語力を自慢したい

日本は世界の中でもダントツで英語が使えない国です。

自慢しなくても少し話せるだけで「すごいね!」となります。

留学に目的はあった方がいい

つまらない 勉強

「留学に目的は必要なのか?」と考えてしまう人も多いかと思います。

結論から言うとあった方が良いです。

なぜならその目的が、留学をしている理由になるからです。

育った環境とは違う国に1人で行くわけなので、楽しい事だけではなく迷いや孤独を感じる時も絶対にあるんです。

孤独感や迷いを感じると多くの人がこう考えます。

「自分はなんのためにここにいるんだろう?」

「なんでつらい思いをしてまで留学にきたんだろう?」

こう考えたとき、もし目的もなく留学していたとしたらそのつらさに耐えてがんばれると思いますか?

たぶん無理です。

僕も留学に行っていた時、孤独感に襲われましたがそのときも「英語のコンプレックスをなくしたい」「何か自信を持てることが欲しい」という目的が助けになりました。

確かにつらい時を乗り越えることは大切ですが、つらい時を乗り越えるためにも目的が必要なんです。

目的は誰でもあるはず

「留学には行きたいけど目的がない」と悩む人がいますが、留学を考えている時点で誰にでも目的はあるんです。

あるけどその目的が何なのかわかっていないだけです。

まず、留学に行きたいと思った人のほとんどが語学を勉強したと言う目的がベースにあります。

それだけだけでも十分ですが、さらに言えば語学を勉強して何をしたいのかが明確だと良いです。

目的は1つに絞る必要はなくていくつあっても大丈夫です。僕の場合は4つくらい持っていました。

もしどうしても思いつかない人は、つらい状況を乗り越えることを目的にすると良いでしょう。

さっきも言ったとおり目的はつらい時に支えになってくれます。

なので、つらい状況になること前提で行けば、「きたきた」みたいな感じで乗り越えられます。

目的はあるほうが良いですが何も思いつかなければ、つらい状況を乗り越えることを目的としてみてください。

留学では自分の目的以外も得られる

留学に行くと自分が目的としていたこと以外も確実に得られます。

日本とは違う異国に行くことで経験できることは本当に多いです。

たとえ語学を勉強する目的で行ったとしても、帰ってくる頃には語学以外で成長を感じる部分も大きいはずです。

なにか1つでも良いので目的を持って留学を行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です