【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

あなたは自炊派?外食派?一人暮らし大学生の食事事情

一人暮らしの大学生の、一日の食事代いくらか知っていますか?

約666円です。

一日3食とすると、一食222円の計算になります。

「そんなの無理でしょ」

と思う人もいるかもしれませんが、自炊を中心に生活すれば可能なんです。

今回は、大学生の食事事情を解説していくと共に、食費の抑え方もあわせて紹介していきます。

自分の食事事情と照らし合わせながら読んでみてください。

最後には、一人暮らしの学生が偏りがちな栄養面で、これは取ってもらいたいという食品も紹介しています。

ではまず、

大学生の自炊率

調べてみると、結構意外な結果でした。

なんと、ほぼ毎日自炊をしている人が1/4もいるそうです。1/4なので約25%。

ほぼ毎日ですよ?結構大変ですよね?

そして、まったく自炊をしない人も1/4いるそうです。こちらも約25%。

これはマイナビの資料を参考にしたものなので、結構しっかりした割合だと思います。

ちなみにあとの半分は、週に何回か自炊をする人です。

 

毎日自炊する人の理由は、

「自炊の方が安く済むから」

「食費を節約したいから」

「料理をするのが好きだから」

といったものがあります。

やはり、食費を抑える為に自炊しているひとが多いんではないでしょうか。

 

一方、まったく自炊しない人は、

「料理するのが面倒」

「学食で済ませている」

「コンビニで買って食べてる」

のが理由だということです。

費用よりも手間を取っている印象ですね。

まったく自炊しない人は食費が結構かかってしまいそうですね。

平均の食費

食費は外食の多い人と、自炊がメインの人で差が出てくるので、それぞれ分けてみてみましょう。

まず外食が多い人。

外食が多い人の1ヶ月の平均食費は約30,000円。

1ヶ月30,000円ということは、一日約1,000円ですね。

大学生になると飲み会などに参加することも増えてくるので、一日1,000円計算だと厳しい感じですが、ほぼ使わない日もあるのでその平均になってるんだと思います。

 

次に自炊メインの人。

自炊派の人は1ヶ月約20,000円だそうです。

どうですか?

自分と見比べて、高いですか?低いですか?

一人暮らしの場合は、食費に加えて家賃と光熱費もかかるので、20,000円くらいに収めたい人が多いと思います。

私はもっとかかってしまってると言う人は、次で紹介する食費の節約方法を参考にしてみてください。

食費の節約方法

先程も言ったように、一人暮らしは食費のほかにもかかる費用があるので、できる限り安く済ませたいところだとおもいます。

ではどうやって節約すればいいのか?

一度に大量作って冷凍保存しておく

一人暮らしで自炊する人の悩みは、買ってきた食材を使い切れず腐らせてしまうことだと思います。

スーパーで一人分を買うのなかなか難しいですよね。

なので、スーパーで買ってきた食材は、一度の料理で使いきってしますのがいいです。

余った料理はストックとしてたまっていくので、今日は疲れたから作りたくないなって時に解凍するだけで食べれるようになります。

実際に使ってたレンジでそのままチンして食べれる容器です。ちょうど一回の食事分が入るので便利でした。

バイトのまかないをもらう

飲食店でバイトをしてないと無理ですが、まかないをもらえるとかなり食事代が浮きます。

気になる栄養面

一人暮らしで気になるのが栄養面ですよね。

「こんな食事を続けてて大丈夫かな?」

なんて人も多いと思います。

私は自炊してるから大丈夫と思っていても、注意が必要です。

外食が多い人は、なんとなく栄養面が偏ってしまいそうというイメージがありますが、実は自炊で栄養を考えてる人も偏ってしまってる可能性があります。

若いから大丈夫と思っていても、偏った食事を続けていると、体型が崩れてしまうかも知れません。

さらにダイエットなどを意識して、食事量を減らしていると、一日の必要エネルギーに足りてないなんてこともあります。

一人暮らしを始めた途端、体重が増えた、健康維持に自信がなくなった、化粧ノリが良くない、という方が多いようです。これらの原因の一つとして、栄養不足や栄養の偏りが挙げられます。

引用:健康と美容のコラム

大学生に足りてない栄養素は、

特にカルシウム、ミネラル、ビタミンといった栄養素の不足です。

引用:http://linkuptoyo.com

やはり、カルシウム、ミネラル、ビタミンは不足しがちなようです。

ただこれらの栄養素は、取るのが難しいので簡単に取れる食材を最後に紹介しておきます。

一人暮らしにおすすめ食品

カルシウム

かんでおいしいシリーズです。

カルシウムはイライラを抑える働きもあるそうです。

ビタミン

ビタミンは種類がたくさんあるので、一気に取れるマルチビタミンがおすすめです。

たんぱく質

体型維持にも欠かせないたんぱく質はこのウィダーのバータイプ いいです。

時間のない朝にどうですか?

こちらはソーセージタイプなので、料理につかえます。

スープなどに入れるだけで簡単に使えます。

まとめ

以上が大学生の食事事情でした。

4年間の食事が体に及ぼす影響はかなり大きいので、できる限り栄養面も考えて取りたいところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です