大学でサークルに入らない人は出会いのチャンスを逃してる!?

大学生になってサークル入らないと、正直だいぶ出遅れます。(僕もそうでした。)

大学生になると、高校生の時にあったクラスみたいなものがなくなり、友達を作り辛くなるんです。

充実したキャンパスライフが送れるかは友達によって決まってくると言っても過言ではないため、友達ができないとなると、かなり損します。

しかしサークルに入ることによって自然と輪が広がり、友達ができて、恋人もできるというイメージしてた大学生活に近づけるでしょう。

ここでは、サークルに入ることのメリットと、入ることで生まれる出会いにつて書いていきます。

友達・恋人がいる理想のキャンパスライフを送るために、ぜひ参考にしてください。

サークルって何するところ?

サークルは、ある活動を好きな人たちが集まって行う集団です。

活動内容はさまざまで、少ない人数のところもあれば、何十人と大人数のところもあります。

基本的には、自分のやりたい活動をしているサークルに入りますが、少し興味があって始めてみたい程度でも大丈夫です。例えば、バスケットボールが好きな人は、バスケットボールサークルに入ったり、バスケット観戦サークルに入るみたいな感じです。

サークルに入るには

4月になると、新入生に入ってもらおうと2・3年生が勧誘をしてるので、その時に入りたいサークルを見つけて、「入りたいです」ということを伝えればそれで入れます。

勧誘が嫌だといって避けていると、乗り遅れるので、とりあえず新歓と呼ばれる、新人歓迎会に行くことをおすすめします。

僕自身、サークルなんて入らなくていいと思っていたので、新歓には一度も行きませんでした。大学一年生の時にしか体験できないので、行けばよかったと後悔しています。

多くの人はここで知り合いを増やし、そこから友達になっていく為、行かないと大学で入ったばかりでわからないことが多いのに、相談できる相手がいないということにもなります。

さらに言うと、この新歓で恋人を作る人も多いです。

新歓は知り合いを増やす目的で絶対いった方がいいです。

出会いの多いサークルの選び方

サークルを選ぶときは、自分の好きな活動をしているとこを選びます。

ただその選び方だと、友達や恋人を作ると言う、出会いに繋がらないケースもあるので、1つはやりたいサークルで、1つは最初の知り合いを増やす目的で入るのがいいと思います。サークルは入っても、合わなければすぐ辞められるので、複数顔を出しておきましょう。

出会いが多いサークルは、

  • 人数が多い
  • 定期的に活動している
  • 積極的に勧誘している

とりあえず人数が多いサークルに行くのがいいでしょう。

実際出会いあるの?

大学に入ったばかりのときは、みんな友達を作りたいと思ってるので、出会いやすい環境です。

ここで彼氏・彼女ができる人も多いです。

サークルに入るメリット

大学では、その校内での情報を知っていることで得することが多々あります。

その中でも一番のメリットは、定期テストの過去問を入手できることです。

サークルに入ると同じ学部の先輩から、テストの情報や単位を楽に取れる授業を聞くことができます。

過去問があれば、そこまで勉強しなくても単位を取得できます。

 

もう1つのメリットは、友達が増えて飲み会に誘われたり、合コンに誘われたりと、出会いが増えます。

大学生にある出会いが多いイメージを体感するには、サークルに入るのが一番いいでしょう。

まとめ

2・3年になるとある程度、サークル内のメンバーが固まってくるので、サークルには最初の段階で確実に入っておいた方がいいでしょう。

 

大学に入って出会いがないと悩んでる人にはこちらの記事がおすすめです。

「彼女がいる大学生はどこで出会いのチャンスを掴んでるの?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です