【就活生必見】最短1週間で内定を獲得する方法

就活に失敗しても全く問題ない2つの理由。その後にとるベストな選択とは?

【1度失敗した就活を今から「逆転」するなら】

 

【1】一人一人担当者がついて内定までサポートしてくれる(書類選考なしで面接まで進めます)

>>DYM就職

 

【2】卒業後も就活を続けるつもりなら

>>就職Shop

 

【3】新卒の就活生を内定まで徹底サポート(就活生の3人に1人が使ってます)

>>就活エージェントneo

 

就活に失敗した学生

就活死んだ…

もう無理だ…

この先どうしよう…

フリーター…?

できるなら今から優良企業からの内定が欲しい…!!

この記事は、就活に失敗して絶望しているあなたに向けて書かれています。

 

就活が失敗で終わったという学生の中に多いのが

  • 公務員を目指してたけど受からなかった人(約33%
  • 普通に就活をしてたが内定がもらえなかった人(約30%
  • 精神的な理由から就活を断念した人(約3〜5%
  • どうしても入りたい企業があって卒業後再チャレンジしようと思ってる人(約3〜5%
  • 勉強やその他の活動が忙しかった人(約3〜5%

参考:マイナビ(269名から得た結果をまとめた調査)

となっています。

 

まぁ、どんな理由があろうと、結論を言うとまだ余裕で間に合います。

就活に失敗したと決めつけるのは早いです。

つまり、これから優良企業から内定をとることは十分可能ということ。

 

第一志望だった企業に今から入るのは難しいかもしれませんが、最終的にその企業に入るルートはあります。

なので、重要なのは

「あ〜就活オワッタ。もう無理だ。。」

と諦めないことです。

 

実際僕の友人は、内定が全く出ずに、一度は地獄を味わったものの、そこから挽回して今は充実した社会人生活を送っています。

 

彼も、最後まで粘ったからこそ今の充実した今があるんです。

 

では、そのためには具体的にどう対処したらいいのか説明して行きます。

就活に失敗しても問題ない。その2つの理由

グッド

就活に失敗しても問題がない。

そう言い切る理由は2つです。

  1. 既卒を必要とする会社はいくらでもある
  2. 改めて自己分析に時間が使える

詳しく見ていきましょう。

1:既卒を必要とする会社はいくらでもある

今は、完全な人手不足です。

中小企業は人手が足りなくて、倒産にまで追い込まれるほど。

なので、既卒とか新卒とか言ってる場合じゃないんです。

あなたの知っている企業が人企業ばかりなだけであって、ちょっと視野を広げれば、多くの企業があなたの力を必要としているんです。

 

別に最初に入る会社が、自分の理想である必要ありません。

今は、2人に1人が転職する時代。

まずは、既卒として就職して、その後さらにいい会社を目指して転職すればいい話です。

そう考えれば、まだ内定をもらえる企業はたくさんあります。

2:改めて自己分析に時間を使える

出典:マイナビ

就活生が就活で後悔していることは

  1. 自己分析が不十分だった(約46%)
  2. 面接対策が不十分だった(約42%)

参考:マイナビ(269名から得た結果をまとめた調査)

という2つです。

 

自己分析が不十分だと、企業とのミスマッチが起こります。

つまり、

「あれ、思ってた仕事内容と違う」とか

「想像してた、会社のイメージと違う」

ということが起こってしまうんです。

 

これは、自己分析をしっかりせず、とりあえず内定をもらった企業に就職してしまうことが主な原因です。

 

でも、就職がなかなか出ないと、いやでも自分と向き合いますよね。

「なんのために就活するんだろう」とか

「本当は何がしたいんだろう」とか。

 

そして、最後に内定を取れたとしたら、ミスマッチが起こる可能性が低くなるんです。

つまり、就活に苦労すればするほぼ、「結果的によかった」と言うことになりやすい。

だから、就活で失敗を味わうのは、別にマイナス部分だけじゃありません。

就活に失敗したら・・・

就活

就活に失敗したと思ったら、その後どうすればいいのか。

その方法を2つ紹介します。

1:就職留年する

一番よくあるのが、「就職留年する」という方法です。

就職留年すれば、完全な新卒として就活に再チャレンジできます。

 

それに、実際に就職留年した人によると、留年した理由とかはそこまで聞かれないらしいです。

別に聞かれても、しっかり理由をいえばいいだけですが、方法としては就職留年はありですね。

ただ、就職留年には追加で約1年分の学費がかかる

ただ、就職留年の場合は学費がかかります。

最大で1年分。

 

これは大学によって変わるので、詳しくは問い合わせて見るのが一番ですが、基本的に留年には学費がかかります。

バイトしてまかなうことができればいいですが、それもなかなか厳しいでしょう。

親に頼るのも申し訳ないし。

 

それに、就職留年すると次の年の就活で、さらにプレッシャーがかかります。

せっかく就職留年したいんだから、大企業から内定をもらわないと

みたいな感じで。

プレッシャーが原因で、また失敗に終わる可能性もあるので、あまりおすすめはしません。

2:休学してベンチャーでインターンの経験を積みそのまま就職

2つ目の方法としては、休学してベンチャーでインターンをすると言うもの。

休学なら学費もかからず、5万円くらいで済みます。

 

ベンチャーでインターンをすれば、社会人とほぼ同等の経験ができますし、その後その企業に就職することも可能です。

ただ、通常はインターンをした企業にそのまま就職することになる

とは言っても、ベンチャーに就職するなら、最初からそうしてますよね。

ベンチャーなら通年採用ですし、既卒とか新卒とか関係なく採用している企業が多いので、実際はインターンをする必要もないでしょう。

 

「ベンチャー企業でもとりあえず就職できればいい」と言う人ならいいですが、それ以外の人にとってはいい選択とは言えません。

就活に失敗した学生が、その後にとるベストな選択とは?

人気企業に絞らず既卒で就活をして、転職でキャリアアップを狙う

握手

ベストな選択としては、これです。

「まずは、既卒として就職して、その後キャリアアップを目指す」

 

今から人気企業から内定を取るのは難しいですが、それ以外の企業からなら内定はもらえます。

冒頭でも言った通り、今は転職が当たり前の時代です。

転職ありきで就職する学生が多いのも事実。

 

なので、別に最初から人気企業とか大企業を狙う必要もないんですね。

まずはベンチャーとかで経験を積んで、その後キャリアアップすればいいんです。

就職に失敗したと思って諦めず、まずは自分の成長を考えて企業選びをしてみてください。

でも、「既卒」は「新卒」に比べて不利な状況である

就活

今は、大学卒業後3年は新卒という扱いで就活できます。

トヨタ、三菱重工業、高島屋などの大手企業も、卒業後3年の以内の人は新卒として募集しています。

ただ、現実的には、3割以上の企業が応募を受け付けてないし、8割の企業が内定を出していません。

 

つまり、表面的には新卒として扱うけど、採用となると、「既卒」としてみているってことなんです。

実際に、現役学生の内定率は85%を超えているのにも関わらず、既卒の内定率は約45%ほど。

 

やはり、企業としては

「新卒で内定がもらえなかったのには、何か問題があるんだろう」

と考えてしまうようです。

 

この考えが内定率に影響していると思われます。

まずは、就職サイトに登録しておく。

「在学中に納得できる企業から内定をもらいたい…!!」

「このまま失敗で就活を終わらせたくない…!!」

 

とりあえず、就職サポートに登録してみる

もしまだ、就職サポートを使ってないのなら、とりあえず「DYM就職」に登録しておきましょう。

 

あなた専用の担当者が無料で、応募書類の添削面接対策2000以上の優良企業からあなたにあった企業の提案などをしてくれます。

普通に、使わないともったいないかなと。

 

就活は一生において重要な選択ですし、それを1人で全てやりきるのは大変です。

在学中に内定をもらうことも可能ですし、

もし、内定のないまま卒業してしまっても、その後も内定までしっかりサポートしてくれます。

 

まずは気軽に、一度相談してみるといいかと思います。

「DYM就職」への相談はこちら(無料)

****

ちなみに、DYM就職は、他の就職サポート会社と違って、企業の採用担当者と直接やりとりができるので、書類選考なしで面接まで進めます。
今まで、書類選考で落とされてきた人は使うメリットが大きいかなと。

****

【実際に利用した人からのリアルな口コミ】

DYM就職の面談を利用して、リクルーターの方に自己分析の部分から親身になって相談にのってもらいました。 結果、自分が本当は何をしたいのかが明確になり、内定を3社獲得しその中から満足いく会社を選ぶことが出来ました。

引用:DYM就職公式ページ

DYM就職に出会い、書類作成から面接まで詳しくやりかたを教えてもらい、無事に内定をもらうことが出来ました。 今では自分のペースで楽しく仕事に取り組むことが出来ています!

引用:DYM就職公式ページ

\ かんたん無料登録 /

とりあえず登録しておく

 

対象となるのは

  • 現在学生で就職活動中の人
  • 卒業後就職せず、今就職活動中の人
  • 転職活動中の人
  • 就職、転職を検討中の人

です。

 

DYM就職は、既卒や第二新卒の人向けのサポートが充実しているため、通常の新卒就活エージェントよりも、幅広い時期に対応できるのが強みです。

まだ在学中の学生でも利用できるので、今のうちに使っておくといいかなと思います。

 

もし、在学中に内定が決まらなくても、そのまま既卒としての就活もサポートしてくれます。

まぁ、サポートをしてもらえれば、在学中に内定を取れるとは思いますが。

 

  • 就職カウンセリング
  • 面接対策
  • 2000以上の優良企業からあなたにあった企業の提案

など、内定までを徹底的にサポートしてくれます。(無料)

 

1人で悩みを抱えず、まずは一度就職のプロに相談してみましょう。

別に、相談したからと言って、絶対に最後まで利用しなくてはいけない。

というわけではありません。

就活を失敗で終わらせないためには使っておくべきかなと思います。

\ 就職率96%(無料相談) /

就職相談はこちらから

【1度失敗した就活を今から「逆転」するなら】

 

【1】一人一人担当者がついて内定までサポートしてくれる

>>DYM就職

 

【2】卒業後も就活を続けるつもりなら

>>就職Shop

 

【3】新卒の就活生を内定まで徹底サポート(就活生の3人に1人が使ってます)

>>就活エージェントneo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です