【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

就活の面接に自信が持てない。内定につながる対策を紹介

面接に自信が持てない...

面接が控えてるんだけど、自信がない。

まだ内定が出てないし、面接になると頭が真っ白になってしまう。

どうしたら自信を持って面接に望めるんだろう。

すぐできる対策とかあったら知りたい。

この記事ではそのような悩みを解決していきます。

読んでもらえれば、内定獲得に近づけるはずです。

 

まだ内定がなければ自信を持って面接に挑めないのは当然とも言えます。

面接での成功体験がないわけなので。

でも、逆に1つ内定を取ることができれば、自信がついて他の企業からの内定にもつなげられるでしょう。

 

そのためにはやはり、一番最初の内定をどう取るかと言うところがポイントになってきます。

では、内定を獲得するために重要な面接に自信を持てるようにする方法を見ていきましょう。

面接に自信がある人は少ない

そもそも、就活の面接に自信がある人なんてほぼいません。

まだ内定が1つも出ていない時や、初めての面接の時は自信がないのは当然です。

 

基本的に就活するときはみんな同じような不安を持っています。

面接に関しても同じ。

まずは自信を持っていないのは自分だけじゃないということを理解しましょう。

 

自信をつけようといくら練習しても、不安と緊張が抜けないこともあります。

ただ、練習の後に残っている不安などは良い緊張感と捉えることもできます。

 

もし、練習は十分にしたんだけど自信がないという感覚なのであれば、良い緊張感と捉えあとは体調を整えるとなど、他のところに気をつけたほうが良いでしょう。

1番の問題は自信がなさそうに話すこと

自信がない人が陥ってしまうのが、自信がなさそうに話すことです。

ここはかなり気をつけたほうが良いです。

 

なぜなら、たとえ面接でうまく答えられたとしても自信がなさそうに話している人には説得力がありません。

良いことを言っていても、声が小さかったり、ハキハキ感がなければ面接官は不信感を抱くかもしれません。

 

そんな人が採用される可能性は少ないですし、採用したいと思われないでしょう。

その結果内定が出ないと自信がなくなっていき、さらにうまく自分を表現できなくなります。

自信のなさをどこかで解消しなければ、どんどん悪循環に陥ってしまうでしょう。

自信を持っている人が内定を取りやすい理由

逆に、自信がある人はたとえ良いことを言ってないとしてもなんとなく説得力があるんです。

たまに謎の自信を持っている人がいますが、あれは意外と大切です。

 

自信があることで、まずその人の雰囲気が変わります。

面接官は今まで何百人と面接をしているわけで、その雰囲気ははすぐに見抜きます。

 

それに自信があれば、自然と声が出て、姿勢にまで現れるでしょう。

声が出て、姿勢が良い、そして自信を持っている雰囲気があれば確実に良い印象を与えられるはずです。

 

「自信がなくてもまずは、自信をもつ」

矛盾していますが、これができれば面接は強いです。

自信がある人を演じましょう。

面接に自信を持って臨むために今できること

面接に自信を持って臨むためには、練習するのが有効な手段ですが、練習する時間がなければ効果は薄いです。

ということで、明日の面接にも間に合う面接に対して自信をもつ方法を紹介します。

自分自信をもう一度理解する

面接の質問は、「あなたはどんな人ですか?」

と言うことを問うものがほとんどです。

 

なので、自分自身が何をできて何ができないのか。

何を経験して、どんなことが得意なのか。

長所と短所はなんなのか。というとこに答えられる必要があります。

 

もちろん自己分析の段階で、そんなことはやったよという人がほとんどだと思いますが、もう一度確認しておくべきでしょう。

たまに長所がないという人がいますが、誰にでも必ずあります。

ただ見つかっていないだけです。

 

見つけるためには客観的に自分を見てみるのが効果的で、自分以外の人に気づかせてもらうほうが良いです。

自分では気づけない強みや弱みの部分が見つかります。

まずは自分の長所と短所を理解しておきましょう。

自分の自信のある話に誘導する

これは面接でのコツです。

自信のある話に誘導するとはどういうことか?

 

友人の例をあげて説明します。

その友人は、人見知りで初対面の人と話すもの苦手なくらいで、まして就活の面接に自信をもつなんてほどと遠かったです。

でも、アピールポイントとしては、1年間オーストラリアにワーホリに行って自分で稼いで、語学学校に行き、生活していたとうことがあったらしいです。

面接の時、面接官に「学生時代に力を入れたことはなんですか?」

という質問に対してオーストラリアに行っていたエピソードを話したらしいです。

 

他の学生にはなかなかない経験なので、面接官も気になりそのことについて質問してくる。

友人としては実際に体験していることなので、何を聞かれてもスムーズに答えられる。

結果、友人はその企業から内定を獲得できていました。

 

これが自信のある話題に誘導するということです。

友人の場合は、あえてやったとは思えませんが、結果的には内定に繋がっています。

ポイントは他の学生が経験していないような、エピソードを話すことです。

 

他の学生にない部分なので、面接官も質問せざる終えません。

あとは、自分の経験を話して行くだけです。

一つ自分の経験を話せるエピソードを持って行くと良いかもしれません。

面接に自信を持つためには「慣れと対策」が重要

もし、「面接まであと5日くらいはある」という人は、「慣れと対策」を考えましょう。

自分自身をもう一度理解すること。

自分の自信のある話に誘導すること。

この2つは時間がないときに有効な方法であり、時間があるのであれば、しっかり面接練習を行い、回数を重ねて慣れることが効果的です。

 

ただ1人で面接対策をするとしても何をしたら良いのか、どうやったら良いのか。ということがわからないと思います。

そのような人におすすめなのは「キャリアチケット」という就活サポート

kayria

 

キャリアチケットは、マンツーマンで面接対策をしてくれ、練習を重ねて慣れることができます。

そしてさらにメリットなのが、新しい選択肢を得られるということです。

 

新しい選択肢とはなにか?

それは、落ちても次があると思える選択です。

 

一社に絞って就活をする人は少ないと思いますが、第一志望になるような企業が複数ある人も少ないはずです。

もし落ちても次があると思えることで、心に余裕が生まれます。

心に余裕をもつことは、面接に置いて自信をもつことより重要かもしれません。

 

心に余裕があれば、リラックすして面接に臨めますし、自分の良さや強みを伝えやすいです。

もし、「1人の就活に不安を感んじている」あるいは、「就活の相談をできる相手が欲しい」という人は「キャリチケット」を利用すると良いです。

一からの就活サポートを全て無料でやってくれます。

>>キャリアチケットの無料相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です