【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

【就活の面接】不安すぎてやばい。心に余裕を持つ方法

就活の面接、やばい

来週、面接だ。

不安すぎてやばい。

どんなことを聞かれるんだろう?しっかり答えられるかな。

圧迫面接とかされたらオワル。

どう対策すればいいのか知りたい。

この記事はそんな悩みを抱えた就活生に向けて書いてあります。

 

面接は不安ですよね。

僕も経験がありますが、待ち時間に手汗をかきすぎて、びしょびしょになったことがあります。

 

ただ人と会話するだけなのに、なんでもそこまで不安になり緊張してしまうんでしょうか?

それは、

「うまく言って面接を突破したい!」

「なんとか内定をもらいたい!」

と言う強い思いがあるからです。

 

なので不安になってしまうのは真剣であればあるほど仕方のないことなんです。

では、その不安を少しでも和らげ、心に余裕を持つにはどうしたらいいのか?

 

対策として一番有効なのは、「受からなくてもいっか次があるし」と思えることです。

言い換えると、受からなかった場合の選択肢を持っておくと言うことです。

「は?」と思った人もいるかもしれませんが、しっかり具体的な対策も紹介していくので安心してください。

 

「面接が不安すぎてやばい。。」

そのような就活生に役立つ内容になっています。

面接が不安な人はプロに相談しよう

面接やESなど就活を徹底的にサポートしてくれる
>>キャリアチケット

就活における面接での不安の分類

頭抱える

面接の不安を解決するためにはまず、自分がどんな不安を抱えているのかはっきりさせる必要があります。

不安の原因がわからなければ対策をすることも難しいですし、解決することもできないでしょう。

 

面接の不安を解決するためにもまずは不安の原因を突き止めましょう。

多くの人が不安に思う代表例をあげるので自分に照らし合わせて見ていってください。

どんなことを聞かれるか不安

就活生は面接で質問される立場にあります。

質問されたことに対して的確に答えることが大切です。

 

もし、質問されることが前々からわかっていれば、いくらでも対策ができるので不安はないと思います。

期末テストとかと同じですね。

どんな問題が出るかわからないから不安になります。

 

もともと人は、不確定要素が多いと不安な感情が生まれるんです。

不確定要素を取り除き不安を解決するためには、やはり入念な準備が有効な手段です。

突っこまれた質問に対してしっかり答えられるか不安

突っ込まれた質問にしっかり、噛まないで答えられるか、良い印象を与えられるか。

質問に対してしっかり答えられるか不安に思う人も多いでしょう。

 

面接で聞かれる内容は、ある程度決まっているとしても、突っ込まれた質問にはその場での対応能力が問われます。

さらに就活は他の学生との比較です。

比較された時、答えがはっきりしている方が面接官への印象も良いのは当たり前です。

 

「良い答えを返そう」そう思えば思うほど不安な気持ちは大きくなっていくでしょう。

そのためには心に余裕を持てる環境作りが大切です。

圧迫面接をされたらどうしようと言う不安

たまにあるのが圧迫面接と言うもの。

圧迫面接の種類にはさまざまあります。

ため息をつれたり、話を途中で遮られたり。

話したことに対して「で?」と返される。など。

 

正直こんな面接をされるならその企業には行かない方が良いかもしれませんが、強く志望している場合はこのような面接も乗り越える必要があります。

初対面の社会人から、堅苦しい雰囲気でそのような対応をされたらビビってしまいますよね。

そのような面接をされたら、こっちから断るくらいの気持ちで面接に臨のが良いでしょう。

とにかく不安

とにかく不安。

面接の練習もしたし、対策もできているはず。

でもなんだか不安な気持ちが抜けない。

 

これは不安というよりかは、良い緊張感と言えるでしょう。

しっかり準備をしてるのに不安が取れないというのは当たり前で良い緊張感として捉えると良いでしょう。

面接の不安の解消法

グッド

自分が今どんな不安を持っているのはっきりしたでしょうか。

不安の原因が見つかれば対策が見えてきます。

その対策方法をみていきましょう。

自分を知ることでどんな質問にも対応できる

「どんな質問をされるのか不安」

「しっかり答えられるか不安」

という人は、自分について今よりさらに理解しましょう。

なぜ、自分を深く理解することが就活の面接で役に立つのか。

 

その理由は簡単で、面接での質問はほとんどが「あなたについての質問」だからです。

  • 学生時代力を入れたことはなんですか?
  • あなたの長所短所について教えてください。

など。

 

面接官が知りたいのは、あなたがどんなことをやってきて、どんな人なのかということです。

その質問に対して、的確に答えるには、どれだけ自分を理解し客観的に見れているかというところがポイントです。

 

まずは自分がどんな存在で、何をしていきたいのか、長所短所は何か?という部分をもう一度はっきりさせておきましょう。

自分について理解するための自問自答が、面接で聞かれる質問と思っておくといいでしょう。

志望動機をはっきりさせ、説得力を持たせる

面接で必ず聞かれるのが、「志望動機」を問う質問です。

志望動機についてはしっかり準備している人が多いと思いますが、そこに説得力を持たせることで自信を持って面接に挑めます。

 

ほとんどの人は、とにかく内定をもらいたいという思いで、企業を決め、何社も面接を受けます。

正直、志望動機は後付けの人も多いはずです。

 

志望動機が弱ければ自信を持って面接に向かうのは難しいです。

必ず聞かれるとわかっている質問にどれだけ自信があるかというところはかなり重要です。

面接に慣れるまで練習をする

やはり面接は慣れがかなり重要です。

初めてのことに不安を感じるのは当たり前だと思うので、慣れることで不安を軽減できます。

 

僕の友人はなかなか内定がもらえず、何社も面接を受けていました。

その結果どうなったかというと、最後の方には面接に慣れすぎて、どんな質問にも自信を持って答えられるようになったと言います。

 

落ちることで練習になるのは、参考にならない例かもしれませんが、面接は慣れることで不安を解消でき自信につかがるという参考になると思います。

不安であれば自分が納得できるくらい練習して慣れましょう。

どんな質問にも自信を持って答えられるほど練習すれば自然と不安も消えて行くはずです。

何より重要なのは心に余裕を持っておくこと

 

「面接が不安」

一番の問題は心に余裕がないことが原因です。

 

心に余裕がないのは、焦りや緊張、落ちたらどうしようという気持ちが問題です。

そもそも、受かりたいという強い気持ちがなければ不安な気持ちは生まれません。

 

「どうしても受かりたい」「あとがない」「この企業で働きたい」という強い気持ちがあるからこそ緊張するし焦るんです。

なので心に余裕を持つには、これらの気持ちを緩和させることが効果的です。

 

面接の練習なのども心の余裕につながりますが、一番有効な手段は一番はじめでも言った通り「受からなくても次があるしいっかー」という気持ちを持つことです。

でも、そんな気持ち持つのはかなり難しいですよね。

自分が入りたい企業なわけですし、「受からなくてもいっか」と思うのは普通思えません。

 

ただ、方法はあります。

それは、もっと多くの会社を知りさらに条件の良い会社にも応募して選択肢を残しておくということです。

あとは、一つ内定を決めてしまうというのも手です。

 

「そんなこと言っても今から新しい企業見つけるのは難しいよ」という人もいるかもしれません。

そんな人のために、一つの方法を紹介します。

選択肢を増やして心に余裕をもつ

「今から選択肢を増やすなんて無理だよ」という人も諦めなくて大丈夫です。

 

ここで紹介するキャリアチケットを利用すれば、就活のプロのアドバイザーが何万社という企業の中からあなたにあった別の会社を提案してくれます。

内定のもらえやすい企業、今後面接を受ける予定の会社より条件のより企業など。

kayria

 

面接やESのサポートを含め、就活のあらゆるサポートしているのがキャリアチケットです。

 

今からでも遅くないです。

面接の不安を解消させるためにも、新しい選択肢も持っておきましょう。

 

自分にあった企業を探すのは意外と難しく、知っている範囲内の企業から選んでしまいます。

ですが、就活のプロに任せることで、面接を受けようとしている企業より好条件の会社に巡り合う可能性もありますし、比較的内定がもらえやすい企業も紹介してくれます。

 

新しい選択肢を持っておくことで「まだ次があるし受からなくても大丈夫」という気持ちがあれば不安も解消できます。

「受からなくても大丈夫」そんな気持ちを持って面接に挑んでうまく行くわけない。と思う人もいるかもしれませんが、逆にうまく行くケースもあります。

 

「受からなくても大丈夫」という気持ちを持っておくことで心に余裕が生まれ、良い緊張感だけ残して面接がうまく行くケースも多いです。

ぜひ選択肢を増やして、余裕のある就活を送ってみてください。

>>キャリアチケットの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です