【クリスマスプレゼント】
>>迷ってる方はこちら

1人暮らしがつらいくて悩んでる学生に読んで欲しい解決方法

「大学入って友達できなくて孤独」

「一人暮らし、なんかさみしいしつらい」

「この孤独感はどうすればいいの」

学生で一人暮らしを始めると、ほとんどの人が孤独感を感じるはずです。

時間がたてばなくなると言われても、つらいものはつらいですよね。

学生の一人暮らしでのつらさをなくすためには、やはり友達を増やしたりして1人の時間を減らすことです。

誰かと一緒にいるときには、孤独感やつらさを感じる事は少ないと思います。

ここでは、つらさの解決方法を解説していきます。

少しでも早く、一人暮らしによるつらさを解消したい人は、ぜひ読んでみてください。

何が原因でつらいのかを知る

学生の一人暮らしは、初めてのことだらけで不安が多いですよね。

大学は高校のようにクラスがあるわけじゃないので、友達もできにくいです。

つらい原因を知って、受け入れることが重要です。原因がわかれば対処する方法もわかってきます。

つらさの原因

つらさの原因と思われることと、その解決方法を紹介していきます。

1人が孤独でつらい

孤独感がつらさの原因のひとはかなり多いと思います。

僕自身も大学生に入って一人暮らしを始めたばかりの頃は、孤独感で何もやる気がおきませんでした。

学校にいって授業を受けて、帰ってきて、また1人でご飯を食べる。このような生活をしていたら孤独を感じるのは当然です。

慣れるだろうと思っていても、耐えるのはかなりつらいですよね。

ひとり暮らしでつらいのは人には言いづらいものです。自立できてないだとか、まだ子供だとか思われたくないからです。

ただ孤独さはみんなが感じてることなので、自分だけで抱え込む必要もありません。

孤独感の解決方法

実際に試して効果のあった方法を紹介します。

1:本を読む

一人暮らしで増えた自分だけの時間は、自分を見つめる時間としてはすごく重要な時です。ただ、ひとりでいると孤独感を感じやすいのは事実です。

そのため、何かをしてつらいことを考える時間を少なくするのが効果的です。

その方法として本を読むことをオススメします。

読む本は自分の興味のあるものがいいでしょう。難しくなく、集中して読み込んでしまうものがベストです。

本を読むことでつらさも紛れるし、知識も増えるので一石二鳥です。

2:バイトをする

バイトを始めると必然的に1人の時間が減ります。さらにそこで友達も増えるので、一人暮らしを始めたらまずはバイトを探してみましょう。

バイトは自分と同年代の学生が多い居酒屋やカフェなどがお勧めです。

バイト仲間は共にする時間が長くなるので、仲良くなりやすいです。

3:孤独さと向き合う

「どういうこと?」と思うかもしれませんが、これはかなり大切なことです。

孤独さと向き合うというのは、その状況を一度受け入れるということです。

いくらつらさを紛らわすことをしても、ふと1人になるとまた思い込んでしまいます。

まずは自分が孤独を感じてることをしっかり受け止め、それが普通のことなんだと認めましょう。そうすることによって、じゃあどうすればいいのかという思考になります。

それにより悩みを解消するための行動へ移りやすくなります。

4:サークルに入る

友達ができれば一人暮らしによるつらさはほとんど無くなります。

大学で友達を作るのに1番手っ取り早い方法は、サークルに所属することです。

ただここで重要なのが、自分に合ったサークルを選ぶということです。

興味のあるサークルには、同じ趣味などを持った人が集まるので友達になりやすいです。

すぐに仲良くなれなくても毎回顔を出すことで自然と打ち解けられます。

親と離ればなれでつらい

一人暮らしを始めれば、親と離れて暮らすことになります。

実家にいるときは、細かいことを言ってくる親がうるさいと感じますが、離れて暮らして何も言われなくなると寂しく感じるものです。

今までは、家に帰れば明かりがついてるのが当たり前ですが、一人暮らしでは家に帰っても部屋は真っ暗です。

おかえりの声もありません。

一人暮らしをしてみて、初めて親のすごさや大切さがわかると思います。

今までの当たり前が、当たり前ではなくなります。

このことを感じれることが、一人暮らしの重要な部分です。

親と離ればなれのつらさの解決方法

1:親に電話する

ホームシックは少し恥ずかしく感じて、電話をすることをためらってしまいますが、親の声を聞くことでつらさが和らぎます。

親も親で寂しさを感じているので、電話をすると喜ばれます。

電話したくなったら躊躇せずにかけてしまいましょう。

2:ペットの写真・動画を送ってもらう

これはペットを飼っている人限定ですが、効果はあります。

ベットの写真を見ると癒されて元気が出るでしょう。

まとめ

学生の一人暮らしのつらさは時間が解決してくれる場合がほとんどです。

みんなが感じることなので、自分だけと思わずに安心して大丈夫です。

その期間は確かにつらいですが、時間が経つにつれて慣れていきます。

慣れていくというのは成長している証でもあります。

早くつらさを解消させたいときには、今回紹介した方法を試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です