一人暮らしにぴったな間取り5つとは!?それぞれの違い説明

一人暮らしを始めるときに最初に決めてるのはどの部屋に住むのか。

そしてどんな間取りがいいのか。

今回は、一人暮らしにぴったりの5つの間取りとそれぞれの違いを説明していきます

自分に合った間取りは人によってそれぞれ違います。

特徴を理解して部屋選びに役立てましょう。

間取りとは?

まずは間取りの基本を知っておきましょう。

間取りとは、部屋の配置の事を言います。

物件を探す際によく見る、1R・1DK・2LDKのように表されます。

R=ルーム

L=リビング

D=ダイニング

K=キッチン

2DK=2つの部屋+ダイニングキッチン

となります。

使わない部屋があるのはもったいないので、自分の生活を考えて間取りを決めましょう。

一人暮らしにぴったりな間取り

ワンルーム

room-madori

この5つの間取りの中で相場が一番安いのがワンルームです。現在自分もこのワンルームで生活をしています。

一年ほど前までは、1Kの部屋で生活をしていましたが、個人的にはワンルームのほうがおすすめです。

ワンルームの場合は1つの空間にキッチンも入っていて、バスルームとトイレ+1部屋といったイメージが分かりやすいと思います。

メリット

  • 1Kよりも部屋が広く感じる
  • キッチンの開放感がある

デメリット

  • 料理をするさいは、部屋全体に匂いが充満する
  • 冷蔵庫、洗濯機なども寝室と同じ空間にある

 

1K

1k 間取り出典:不動産プラザHAGIUDA

ワンルームと1Kの違いはキッチンと部屋の間に仕切りがあるかないかです。

ワンルームに比べて、冷蔵庫などもキッチン側のスペースに置けるので、部屋として落ち着いた雰囲気がでます。

メリット

  • 料理をしても匂いが充満しない
  • 冷蔵庫などを寝室とは別空間における

デメリット

  • キッチンと区切られてる分、圧迫感がある

 

1DK

1DK間取り

出典:TKハウジングセンター

DKはダイニングキッチンと表されます。

一つの部屋とダイニングキッチンということになります。

ダイニングキッチンは主に、料理・食事を取る部屋なので、ワンルームと1Kよりも、寝る空間と食事・料理をする空間がわかれることになります。

ダイニングキッチンには広さが4.5畳以上(首都圏不動産公正取引協議会により)なければいけないので、一人暮らしをするには十分な広さが保たれます。

メリット

  • 落ち着いて食事が楽しめる
  • 友達がきた時、スペースが十分にある

デメリット

  • エアコン代が高くなる
  • 掃除が面倒になる

 

1LDK

1LDK間取り

間取りが1LDKになると家賃は1K・ワンルームの倍はかかってきます。

1LDKで想像するのは、部屋1つ+ダイニングキッチン+リビングですよね?

多くの物件の1LDKは、部屋1つ+リビングダイニングキッチンといった部屋の配置になっています。

ダイニングキッチンとリビングの間に壁での仕切りはなく、1つの空間としてつながっています。

では1DKと1LDKの違いは何なのか。

寝室が1部屋の場合1DKのDKには4.5畳必要(寝室2部屋以上の場合は6畳以上)

寝室が1部屋の場合1LDKのLDKには8畳必要(寝室2部屋以上の場合は10畳以上)

出典:首都圏不動産公正取引協議会より

メリット

  • 収納スペースが多い
  • 部屋の模様替えが多様になる

デメリット

  • エアコンの効きが悪くなる
  • 掃除が面倒になる

 

2K

2k間取り

出典:伏見台商事

一人暮らしで見落としがちな間取りがコチラの2K。

実は、2Kは場所によって1Kと同じくらいの値段で借りられるところが多いんです。

というのも2Kは昔の建物に多く使われていた間取りで、仕様が古いんです。

そのため2Kの物件は古い建物が多くなりますが、しっかり2部屋あって、キッチンも付いていることになります。

メリット

  • 2部屋あってキッチンもあるのに家賃が1Kと一緒くらい
  • 1DKと同じ使い方ができる

デメリット

  • 古い建物が多い
  • 和室の部屋がある

間取りを選ぶときに注意するポイント

生活動線

生活動線とは、キッチン→寝室→浴室など生活していく上での動線のこと。

この生活動線は広い部屋であればあるほど注意する必要がありますお風呂に入ったり料理をしたりとさまざまな行動を部屋の中で行う際に、生活動線が考えられていない部屋だと非効率が生まれてきます。

落ち着くはずの家なのに、ストレスがたまるといったことにもなりかねないので、しっかり動線を確認しましょう。

広さ

広さは、どのような家具を置きたいかによって大きく変わってきます。

大きめのベッドにしたいのに、寝室となる部屋が狭くては窮屈になります。

さらに一見広く見える部屋であっても、ドアを開けるために物を置けない箇所があったり、収納スペースが少ないといったこともあります。

部屋の広さがしっかりと活用できる物件なのかチェックしましょう。

その間取りが自分に合っているのか

いくら間取りがよくても、住むのに必要ない部屋やスペースがあると、いい間取りとはいえません。

その部屋で暮らすときに、自分の生活スタイルを見つめてどんな間取りが必要なのかを確認しましょう。

あなたにおすすめの間取り

ワンルーム:部屋に帰って寝るだけでいいという人

1K:家賃を抑えて、部屋で料理を楽しみたい人

1DK:私物が多くて、寝室は寝るだけの空間にしたい人

1LDK:部屋のインテリア、模様替えを楽しみたい人

2K:1部屋では足りないけど、家賃は安いほうがいい人

 

今話題のチャット不動産イエプラ

>>引っ越したいけど時間がない。。そんなあなたに朗報→チャット不動産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です