アイデアがあふれ出る!アイデアが出ない5つの原因を解決しよう

明日までに提案しないといけないのにアイデアが出ない!!

アイデアが出ないときはどうすればいいの?

社会人の方や学生にもこのような場面はあるはずです。

「アイデアが出ない」この悩みには原因があります。

まずはその原因を突き止めて解決していきましょう。

アイデアが出ないと悩んでいる人はぜひ試してみてください。

アイデアが出ない5つの原因

まずは原因を見ていきましょう。

下で原因についての対処法を紹介しています。

1:アイデアが出ないと焦ってしまっている

焦ってしまうと、「このまま思いつかなかったらどうしよう」「やっぱり自分には難しすぎた」といったように、思考が他の方向へ行ってしまいます。

アイデアを出すためにはまず、焦らないで考えることが必要です。

2:頭の中がごちゃごちゃしている

アイデアが出ないと悩んでいる人の中には、既に頭の中にアイデアはあるのにうまく出せていないという人もいます。

このような場合は、頭の中を整理することが大切です。

3:情報が足りていない

出さないといけないアイデアの「テーマ」について情報が少ないと、アイデアが出てくることはありません。

この状態でアイデアを出すことは不可能なので、まずはテーマについての情報を入れましょう。

4:いいアイデアを出そうとし過ぎている

最初はハードルを下げましょう。

「こんなの出してもしょうがない」と思っているアイデアも、どんどん出していきましょう。

新しいアイデアは組み合わせによって出来上がるので、1つではピンと来ないものでも、それを2つ合わせるといいものになったりします。

5:話かけられてしまう空間にいる

話しかけられてしまうと、アイデアが浮かびそうだったのに忘れてしまうなんてことがおきます。

集中するためにも、話かけられない空間にいる方が良いでしょう。

原因の解決方法

焦ってしまっている人

・シャワーを浴びる

僕はシャワーを浴びているときが一番アイデアが出てきます。人それぞれアイデアが出てきやすい空間はありますが、シャワーを浴びているときに思い浮かぶ人は多いらしいです。

・好きなものを食べる

好きなものを食べると満足感が得られるので、焦りの解消にもつながります。

頭の中がごちゃごちゃしている人

・考えていることを紙に書き出す

頭の中を整理するため紙に書き出す方法は本などでも紹介されています。それだけ効果の高い手段と言えるでしょう。

・人に聞いてもらう

個人的に紙に書くよりおすすめなのが、人に聞いてもらうことです。頭の中にあることを吐き出せますし、相手がアイデアのヒントになるようなことを言ってくれる可能性もあります。

情報が足りてない人

・そのテーマでの成功事例を探す

成功事例から情報を得て、自分の状況に置き換える方法がいいでしょう。このとき成功事例だけでなく失敗事例も参考にできます。

・アイデアを出したい分野を調べ上げ、問題はどこにあるのか探す

アイデアのテーマに関するニュースや本を読み、そのテーマの問題はどこにあるのか探し出します。そもそもアイデアは問題を解決するための方法です。

最初からいいアイデアを出そうとしている人

・質より数を意識して30個くらい紙に書き出す

実現が不可能なものや、簡単にできすぎてしまうものなど何でも良いので書き出しましょう。1つにこだわるより、30個のアイデアを提示したほうが評価される場合もあります。

・でたアイデアを組み合わせられないか考えてみる

いくつかアイデアが浮かんだら組み合わせることができないか考えます。一見実現不可能と思われていたアイデアも組み合わせによっては可能になることがあります。

話かけられる空間にいる人

・一人になれる空間に移動する

自分の部屋でも良いですし、トイレでもいいと思います。

・銭湯に行く

銭湯はかなり効果的でリラックス効果もありますし、人から喋りかけられることもないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です