学歴に自信がない就活生が志望企業から内定を取るためするべきこと

学歴に自信がない

自分の通っている大学は有名大学とは程遠い。

この大学だと就活が有利になることはない。だから学歴に不安がある。

学歴に自信がない自分はどんな就活をして、どんな企業を選べばいいんだろう。

こんな不安を持っている学生も多いかと思います。

 

確かに学歴に自信がないと就活が不安になる気持ちはわかります。

学歴で判断していないと建前的には言いますが、

実際、学歴を一つの選考基準とする企業はあります。

 

学歴に自信がないからと言って、適当な企業には入りたいくないと思っているはずです。

なぁなぁで就活して、入社して見たらめっちゃブラック企業だったなんてことも避けたいはず。

 

では、学歴に自信がない学生はどのように就活をして行けばいいのか?

今回はそのあたりを詳しく解説していきます。

 

結論を言うと、学歴に自信がなくても優良企業から内定を取る方法はあります。

「学歴に自信がない、けどブラック企業とかは嫌だ。就活をどうやって乗り切ろう」

と思っている学生は参考にして見てください。

学歴フィルターは存在するのか?

就活で自分の学歴が気になる学生は多いと思いますが、実際学歴は採用基準になっているのか。

そこは疑問ですよね。

 

多くの企業は「学歴は判断基準にない」と言いますが、それは建前だけです。

企業の中には学歴で判断する「学歴フィルター」が存在しているところもあります。

学生の所属大学によって説明会の受付を制限したり、

エントリーシートの段階で大学を基準に選別をしたりと。

 

自分自信を評価される前に、どの大学に通っているのか。ということが一つの基準になってしまうんです。

学歴フィルターがある企業は、東証一部の企業や有名企業に多いと言われています。

ではなぜ学歴フィルターとなるものが存在するのか?

その理由は、採用の時間、お金、人手と関係しています。

有名企業には毎年多くの応募が集まり、採用するにも時間とかお金がかかります。

良い人材は確保したいけど、企業はなるべくコストを削減したい。

そんなとき学歴を一つの基準とするんです。

そもそもなぜ就活で学歴が見られるのか

企業は選考にかかるお金などのコストをなるべく下げようとします。

でも、全ての応募に対応していたら、コストがかかりすぎてしまう。

 

そこで企業は学歴を見ます。

ではなぜ学歴が判断基準になるのか?

理由はこちら

  • 一定の事務処理能力があると見込める
  • 努力できる学生である確率が高い
  • 目標達成能力がある
  • 自頭がいい確率が高い

などです。

 

受験勉強を乗り越えてきたと言う理由で、基礎学力や目標達成能力が評価されます。

ただ、有名大学ではなくても自頭のいい人だっていますし、目標達成能力が高い学生も大勢いますよね。

 

でも、そこは確率の問題なんです。

多くの応募の中から絞りこむには、その条件を満たす学生確率をが優先します。

だから学歴フィルターを取り入れる企業があるのでしょう。

内定が出ない理由を学歴のせいにする学生

ただ学歴フィルターがあるからと言って内定が出ない理由を学歴のせいにするのはちょっと違うかと。

「低学歴だから落ちた」

「学歴がないからあの企業に応募するのはやめよう」

 

自分の学歴に自信がないからと言って、有名企業に入るのを諦めてしまう人も多いかと思います。

でも、それはもったいない。

応募しなければ絶対採用されることもありません。

大学名を伏せて採用しても結果的に有名大学が多い事実

先ほど、有名大学には一定の能力を満たす学生の割合が多いと言う話をしましたが、大学名を伏せて採用したとき、結果的に有名大学が多くなっていたという事実もあるそう。

その状況があるからこそ、学歴を一つの基準としている企業があるのでしょう。

世界的な有名企業は学歴を気にしていない

ニュースにもなりましたが、Google、Appleは学歴は全く気にしなくなっています。

大学卒業していなくても採用するという傾向が強まっているんです。

 

これは海外の企業に言えることだけではありません。

どの業界においても人手不足の今、日本の企業も学歴を見て採用をしていたら、人材の確保は難しい訳です。

なので必然的に、日本でも学歴を気にしない企業がどんどん増えていくでしょう。

では企業は採用のとき何を重視するのか?

企業が重視するのは、その学生を採用することによる企業側のメリットです。

考えてみても、企業は売り上げをあげて利益を出すために人を採用します。

学歴が企業のメリットを保証してくれる訳ではないので、重要なのは経験とスキルです。

ちなみに、GoogleやAppleが学歴を気にしない募集は主にエンジニア職が多いです。

学歴を覆して有名企業や大企業に就職するには

学歴を覆して有名企業や大企業を就職するためには、2つの方法があります。

1つ目:エンジニアを目指す

大手の企業が学歴を気にせず採用を進めているのはエンジニア職です。

エンジニア職では、学歴よりスキルが重視され、スキルさえあればどんな企業にも就職が可能です。

もし、就活まで3ヶ月くらいあるならプログラミンを学べば就活を圧倒的に有利に進めることができます。

エンジニア職であれば学歴は一切関係ないと言えます。

2つ目:一度就職して実績を作って転職する

学歴フィルターがあるような企業に就職するには、一度就職してから転職するという手もあります。

最初は自分が志望したい企業でなくても、一度そこに入社して実績を作れば、転職の時は有利になります。

 

新卒の採用では学歴を見られるかもしれませんが、転職時に見られるのは前職で何をしてて、何ができるのかということ。

一度就職してそこで実績を作る選択もあります。

学歴に自信がない就活生がするべきこと

「学歴に自信がないけど、ブラック企業はいやだ」

「優良企業に就職したい」

そのような学生が就活でするべきことを紹介します。

他の人にない経験をアピールする

多くの就活生がいる中で、あなたを採用するメリットを考えて見ましょう。

他の人にない経験をアピールすることで、メリットを示せます。

 

高学歴だからといって他の人にない経験をしているとも限らないです。

とくに日本の大学は入るのは難しいけど、卒業するのは簡単と言われています。

だからこそ、大学に入って満足する学生も多いです。

 

学歴に自信がないならそんな学生を出し抜いて、今までの経験をアピールしましょう。

他の人と違う経験がないという人もいるかもしれませんが、それは伝え方次第です。

志望企業の社員に会う

就活のときコネクションはまじで重要です。

僕の大学の先輩は、就活前にコネクションを作り、その大学からでは考えられないような企業から内定をとっていました。

しかし、大学生が社会人の人とコネクションを作るのは結構難しいですよね。

そのような人のために後ほどコネクションを作る方法を紹介します。

学歴を重視する企業を選ばない

一番はこれ!

学歴フィルターをかけるような企業は有名企業や一部の上場企業に限ります。

 

他の企業は、学歴など気にせず学生のポテンシャルや今後活躍してくれそうな人材を採用します。

もし、倍率が高い企業に就職したいのであればコネを作ったり、他の人にない経験を企業のメリットとつなげて話すのが効果的です。

 

学歴文化の企業は、「◯◯大学出身だから昇進しやすい」といった謎の現象もあるらしく。

そんなことを避けるにも企業選びが重要です。

学歴に自信がない就活を成功させるなら企業の選びが重要

就活の悩みとして多いのが、

  • どんな企業を選べばいいのかわからない
  • 自分にあった企業を見つけたい
  • 就活でコネクションを作るにはどうしたらいいのか
  • 面接やESをどのように対策すればいいのかわからない

という感じだと思います。

当たり前ですが、大学を卒業するときは初めての就活です。

不安やわからないことがあるのは当然です。

 

でも、だからといって不安やわからないことをそのままにしていたら、後悔する就活になってしまうでしょう。

それを避けるためには相談する相手がいた方がいいです。

 

就活相談できるところは多くありますが、怪しいところもあるので利用するのにためらいがある人も多いですよね。

そのような人におすすめしたいのが「キャリアチケット」という就活マンツーマンサポートです。

kayria

不安が大きい面接やESをマンツーマンでサポートしてくれます。

さらに一番の大きなメリットは、

企業選びをサポートしてくれるところです。

 

就活で一番重要なのは、企業選びです。

いち学生が知っている企業数は多くても30とかでしょう。

日本には約200万社あるのにそんな狭い選択肢で決めてしまう学生が多いんです。

 

今まで多くの就活生をサポートし、客観的にその学生にあった企業を提案できるアドバイザーに相談してみましょう。

就活サポートを無料で受けられます。

>>就活の不安を相談してみる(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です